SHINGO YAMANISHI

山西 愼吾

PROFILE

近年、食生活の欧米化、大気汚染、抗菌薬の乱用などといった環境変化によって起こる慢性炎症性疾患(アレルギー、肥満、膠原病など)は成人のみでなく小児でも増加しており世界的な医療問題の一つです。ヒトに共生している細菌群がヒトの健康に重要な役割を果たしていることが明らかとなり、共生細菌の異常が慢性炎症性疾患の病態に関与することがわかってきています。私は小児の慢性炎症性疾患における腸内細菌の関連性に関して研究しています。興味がある方は一緒に研究してみませんか。

専門

  • 小児リウマチ・膠原病
    小児アレルギー

出身高校・出身大学(大学院)

  • 出身高校:早稲田高校
    出身大学:日本医科大学(平成10年卒)
    大学院 日本医科大学 大学院 微生物学・免疫学教室

資格

  • 小児科専門医
    アレルギー専門医
    日本小児科学会東京都地方会 運営委員

国内外留学先

  • 2009-2012 New York University