葛飾赤十字産院

東京リバーサイド病院
当院は、東京都内で15施設ある地域周産期医療センターの1つです。都内では、他に総合周産期医療センター13施設と周産期連携病院があり、これらの施設で都民に対して新生児医療を提供しています。当院は、NICU12床、GCU18床を有しており、年間500名前後の新生児が入院します。このうち、出生体重1500g未満の極低出生体重児は年間約50名、出生体重1000g未満の超低出生体重児は約15名を占めております。また、年間約100件の新生児搬送を受け入れており、当院所有の救急車によるお迎え搬送も積極的に行っております。

当院は全国で約90施設ある赤十字病院の中でも、診療科が小児科と産科のみの小さな病院です。その分、小児科と産科の連携が良く、また看護スタッフやコメディカルを含め、全ての職員どうしが顔の見える関係であり、とても働きやすい環境です。

当院は、2021年6月に、葛飾区新宿へ新築移転となります。病床面積は大幅に増え、産科病棟は全室個室となります。NICU/GCUも、シーリングを導入するなど最新設備を導入致しました。これからも、母と子の利益を最大限に追求しつつ、新生児医療を進めて参ります。

(熊坂 栄)

荒木記念東京リバーサイド病院

荒木記念東京リバーサイド病院リバーサイド病院は、その名の通り荒川区南千住の隅田川にほど近い場所にある病院です。南千住は近年ファミリー層の転入も多く、産科・小児科の需要が高まっているエリアです。当院では年間1000件ほどの分娩があり、産科婦人科、内科、整形外科、療養型を中心とした病院です。小児科は、入院病床はもたず外来のみですが、CT、MRIなどの画像検査も含め各種検査も実施できることから近隣の医療機関からの紹介も少なくありません。常勤は1人体制ですが、付属病院からの外勤医を含め2診体制で診療を行っています。

外来の患者さんは、感冒や胃腸炎などの患者さんが多いですが、近年は慢性便秘症や夜尿症などの患者さんも増えています。専門的な治療が必要な患者さんについては、付属病院はもちろんのこと、近隣の東京女子医科大学東医療センターや都立墨東病院、同愛記念病院などにご協力いただき、適切なタイミングで紹介をするよう診療を行っています。

2022年夏ころには東京女子医科大学東医療センターの移転が決定しており、その跡地は当病院の法人に移管され新病院が開設される予定もあり、入院診療を要する小児患者さんの付属病院への紹介数も今後増加することが考えられます。

リバーサイド病院での勤務は、入院病床がないことで、毎日外来に出て診療を行いますので、必然的に外来診療の経験を積むことができ、何より日々診療しているお子さんたちの成長や変化を肌で感じることが大きな魅力だと感じています。同時に、近隣の保育園の園医も務めていますので、保育園との連携や園児たちとのコミュニケーションも仕事の楽しみのひとつに感じています。

外来看護師さんや、同量の先生方も優しく、院長先生はやさしさの塊ではないかと思うくらいでとても信頼のできる先生やスタッフと仕事ができます。また、基本的には超過勤務もなく、オンオフをしっかり切り替えて仕事ができるのも魅力のひとつではないかと思います。

(内村 僚一)