東京逓信病院

東京逓信病院東京逓信病院は昭和13年に旧逓信省の職域病院として設立された歴史ある病院ですが、保険診療機関として一般開放されたのは1986年で、民営化された日本郵政株式会社が経営する企業立病院です。現在の建物は1981年竣工で40年が経過していますが、29標榜科、461床と千代田区では随一の規模の中核病院です。近年は救急総合診療科を備えて救急診療にも力を入れています。NEWSWEEK誌によるWorld’s Best Hospitalにも連続して選ばれており、スタッフも設備も大学病院に遜色がないレベルを備えています。
小児科の常勤医師は部長以下4名ですが、入院も受け入れています。夜間はオンコール体制ですが、お産がないので新生児で呼ばれることはありません。循環器外来と神経外来は大学からの派遣をお願いしています。基幹型臨床研修病院として研修医を毎年11名採用しており、小児科には東京警察病院、三楽病院、九段坂病院の研修医も受け入れているので、ほぼ常時2名の研修医が配属されています。
出産や夜間の救急対応がないため一般の小児急性疾患は決して多くはありませんが、2018年には東京ダウンセンターを設置して各診療科の協力のもとダウン症の生涯診療を支える取り組みを開始しており、起立性調節障害、食物アレルギー、成長ホルモン分泌不全性低身長症など開業医では難しい分野を積極的に診ることで、特色ある診療を行っています。

(高瀬 真人)

東京かつしか赤十字母子医療センター

葛飾赤十字産院当院は、東京都内で15施設ある地域周産期医療センターの1つです。都内では、他に総合周産期医療センター13施設と周産期連携病院があり、これらの施設で都民に対して新生児医療を提供しています。当院は、NICU12床、GCU18床を有しており、年間500名前後の新生児が入院します。このうち、出生体重1500g未満の極低出生体重児は年間約50名、出生体重1000g未満の超低出生体重児は約15名を占めております。また、年間約100件の新生児搬送を受け入れており、当院所有の救急車によるお迎え搬送も積極的に行っております。

当院は全国で約90施設ある赤十字病院の中でも、診療科が小児科と産科のみの小さな病院です。その分、小児科と産科の連携が良く、また看護スタッフやコメディカルを含め、全ての職員どうしが顔の見える関係であり、とても働きやすい環境です。

当院は、2021年6月に、葛飾区新宿へ新築移転致しました。病床面積は大幅に増え、産科病棟は全室個室となっております。NICU/GCUも、シーリングを導入するなど最新設備を導入致しました。これからも、母と子の利益を最大限に追求しつつ、新生児医療を進めて参ります。

(熊坂 栄)

荒木記念東京リバーサイド病院

荒木記念東京リバーサイド病院荒木記念東京リバーサイド病院は、2009年5月に、”母と子に優しく、患者さんに信頼され、地域社会に貢献できる病院を”を基本理念に荒川区南千住の汐入地区に開院したまだ若い病院です。ここ南千住は荒川区の中でもファミリー層人口も多く、当院では年間1000件ほどの分娩があり、産科婦人科、内科、整形外科、小児科の小児・周産期・婦人科医療を中心とした病院です。また、二次救急指定病院、東京都の災害拠点連携病院として、地域の救急医療、災害医療にも貢献しており、CT/MRIなどの画像検査並びに各種血液検査も実施できるため近隣の医療機関からの紹介も少なくありません。本院では小児科は外来のみの対応となっており毎日、日本医科大学付属病院からの外勤診療医との2診体制で診療を行っています。

感冒や胃腸炎のようなお子さんや健診、予防接種などの保健業務といった一般小児医療だけでなく、近年は慢性便秘症や夜尿症などのお子さん、季節性・通年性のアレルギー対応の患児、不登校などの心の問題を抱えたお子さんも増えています。さらなる専門的な治療が必要な患者さんについては、千駄木の日本医科大学付属病院はもちろんのこと、汐入地区が区界でもあるため隣接する墨田区内の都立墨東病院、同愛記念病院などとも協力し適切なタイミングでのご紹介をするようにしております。また2021年度内に荒川区から足立区内へ移転する東京女子医科大学東医療センターの跡地は本法人運営の病院設立が決定しており、より一層荒川区内の小児科・周産期・婦人科医療の要として本院は期待されております。

大学病院の病棟や外来とは異なった、患児や家族、地域により近い環境での外来診療を行っております。さらにここ汐入地区の保育園の園医も務めさせていただいております。病院内の看護師だけでなく、園の保育士などの多職種や、さらに地域との連携の重要性、園児たちとのコミュニケーションなど、小児医療の醍醐味であるこどもの成長・発達を肌で感じられることは大きな魅力です。

そして本院は日本医科大学卒業生で東京都医師会副会長の猪口正孝先生が運営されている病院の一つです。例年、大学医学部の早期臨床体験(Early Clinical Exposure)や多職種間連携教育(Inter-professional Education)にも法人全体として全面的に協力しており、兼任の日本医科大学医学教育センターの講師(教育担当)の職務として医学生における医療教育のお手伝いができればと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

(海津 聖彦)