日本医科大学小児科学教室(日医大小児科) > 入局案内 > 女医会の紹介

女医会の紹介

女医会

一言で女性医師と言っても、各人の資質、置かれている環境、興味や専門性により様々な働き方があります。男女共同参画の観点からは、女性医師を特別視するのはおかしい、という考え方も世の中にありますが、主に出産・育児・介護などのライフイベントにより男性の先生方のキャリアが数ヶ月以上に渡り中断されることはほとんど無いのに対し、女性医師の多くがキャリアの中断を経験し、復帰に困難を感じていることは事実です。

日本医科大学小児科では女医会を設置しております。女性医師同士がネットワークを構築し、女性医局員からの相談を受け付けることにより、女性医師のキャリアアップ促進を図っています。また、2年に1回総会を開催し、気兼ねない交流の場としています。

入局をお考えの先生方で、女性医師としてのキャリア形成などについて相談をご希望の方は、遠慮無く医局までご連絡下さい。


嶋 華子

田嶋 華子(H15卒)

小児科医も自身の育児から多くを学ぶ

日本医科大学付属病院小児科で、内分泌代謝疾患および先天代謝異常症を担当しています。来院するこどもたちに寄り添いながら成長を見届けるのは、小児科医として大きな楽しみかつ喜びです。

息子がうまれた現在は、仕事と子育てとのバランスを模索しています。小児科医としての研修・大学院・国内留学につぐ、私の医者人生の新たなステージが始まりました。妊娠・出産・育児の期間は、ともすると医者としての小休止期間と思われがちですが、実際に経験してみると休止ではなく、「子育て」を学ぶ研修期間のようだと感じています。小児科医は小児疾患の専門ではありますが、子育てについては知らないことが多く、例えば離乳食が進まない時の工夫や赤ちゃんと入浴する時の工夫など、それまで気にしたことのなかった場面に直面し、試行錯誤しました。それらの経験が、日々の診療で役立っています。

仕事と子育てのバランスの理想は、個々人により大きく異なります。一定期間子育てをメインにしたいか、子育てしながら仕事を続けたいか。仕事を続けるとしたらフルタイムか、短時間勤務を希望するか。住んでいる地域では希望通りに託児が可能か、病院の保育園に入園するか。日本医科大学小児科では、育児中の各医局員の諸事情と希望から、その時点における最善策を一緒になって考えてくれます。経験者である先輩女性医師はたくさんいますし、子育てに積極的に関わっている男性医師も多いです。

小児科医の5割近くが女性である昨今、女性の入局者数は、我々の医局でも増加しています。子育て世代の女性医師の、ひと昔前までの「(男性医師などに)一方的に負担をかけて申し訳ない」という思いも、女性医師の増加や時代とともに「(子育て医師どうしで)お互い補い合おう!」という風潮になってきました。

小児科を志すみなさん、このような職場でぜひ一緒に働きませんか。


吉崎 薫

吉崎 薫(H15卒)

私は医師として11年目になり、現在、日本医科大学武蔵小杉病院小児科で勤務しています。武蔵小杉病院小児科には研修医時代よりご指導いただき、現在は外来を中心に勤務させていただいています。上司の先生方はとても理解ある先生方が多く、母親である私の勤務体制なども考慮していただいています。私が小児科を選んだ理由の一つに小児科は、対象は小児ですが総合診療科であり、全身的に患児を診ることができ、更に専門分野に進み、それぞれの分野でエキスパートとして働くことの出来る科でもあることです。

女性医師は結婚し、出産を機に時間制限等で、自分の思うように仕事が出来ないこともあります。ただ、小児科は子育ても勉強になることが多く、同じ母親としての気持ちなども共感でき、診療に対してとても役立っています。

後輩の先生方、小児科は女性医師にとっても仕事を長く続けていける科です。たまには息抜き?!もしながら、一緒に仕事が出来ることを楽しみに待っています。