日本医科大学小児科学教室(日医大小児科) > 教室について > 研究内容 > 呼吸器班

呼吸器班

日本小児呼吸器学会の創設以来、常に学会運営の中核を担ってきた歴史と伝統があります。OBの吉田豊先生、安田正先生は学会長と運営委員長を務められました。班長の高瀬は、呼吸音解析(肺聴診)、肺機能検査の臨床研究、気管支喘息の診療を得意としており、2006年には学会会長を務めました。今井は、睡眠時無呼吸や重症心身障害児の呼吸管理、気管支鏡検査を得意分野としています。小児呼吸器の専門医制度はありませんが、臨床研究で学位を取得するよう指導していきます。OBを含めた月例の抄読会を開催しています。

現在の主な研究

  1. 小児呼吸音の音響学的解析とその臨床応用-聴診記録の電子化と指標化
  2. 小児期の肺機能検査を普及するための標準化
  3. 小児でも有用な肺傷害や気道炎症のマーカーに関する研究
  4. 小児の慢性咳嗽の疫学的研究
  5. 小児の閉塞性睡眠時無呼吸に関する研究(診断、評価、治療)
  6. 重症心身障害児の呼吸管理に関する研究
  7. 気管支鏡による気道疾患の評価

代表的研究成果

各研究班の数多くの研究発表の中から、代表的なものを解説付きで掲載しています。

  1. 工藤翔二,村田朗,高瀬真人,長坂行雄,清川浩,中野博:聴いて見て考える肺の聴診.アトムス,東京,2014
    わが国の肺音研究会の中心メンバーが製作した初めての肺聴診教育用DVDブック。聴診ビデオにサウンドスペクトログラム表示を組み合わせて聴覚的、視覚的に学べるようにした肺聴診のテキストブック。
  2. 日本小児呼吸器学会作成:小児の咳嗽診療ガイドライン.診断と治療社,東京,2014
    小児の咳嗽診療を指針を提供するため、学会主導によるわが国初の客観性のあるガイドラインとして作成された。高瀬がガイドライン委員として分担執筆している。
  3. Takase M, Sakata H, Shikada M, Tatara K, Fukushima T, Miyakawa T: Development of reference equations for spirometry in Japanese children aged 6-18 years. Pediatr Pulmonol. 2013; 48(1): 35-44.
    全国から集積した最新のデータに基づいて策定された日本人小児のスパイロメトリー検査の各種指標に関する性、年齢、身長による予測値をまとめ、国際比較を行ったもの。日本人と欧米白人とは、ほとんど差がないことが示された。高瀬が日本小児呼吸器学会の肺機能委員会の委員長としてまとめた。
  4. Nishida S, Fukazawa R, Imai T, Takeda S, Hayakawa J, Takeuchi H, Shimizu K, Kawakami Y, Takase M.: Serum KL-6 and surfactant protein-D in children with 2009 pandemic H1N1 influenza infection. Pediatr Int. 2011; 53: 910-914.
    2009年の新型インフルエンザパンデミックにおいて、日本では早期治療により諸外国に比較し死亡率が著しく低かった。われわれは、呼吸障害による小児入院例で肺傷害のマーカーであるKL-6やSP-Dの血中濃度を測定したが上昇を認めず、肺実質の障害は軽微な症例が大部分であったと推察された。
  5. Imai T, Takase M, Takeda S, Kougo T: Serum KL-6 levels in pediatric patients: reference values for children and levels in pneumonia, asthma, and measles patients. Pediatr Pulmonol 2002; 33: 135-141.
    間質性肺炎など肺胞傷害のマーカーとして日本で開発された血清KL-6値について、日呼吸器疾患児のデータから小児の基準範囲を設定するとともに、当時流行していた麻疹を含む各種の肺炎、気管支喘息など小児の呼吸器疾患における測定値をまとめ、その有用性について報告した。