日本医科大学小児科学教室(日医大小児科) > 教室について > 医局員の業績

医局員の業績

2020年 英語論文

  • Watanabe M, Fukazawa R, Ogawa S, et al. Virtual histology intravascular ultrasound evaluation of coronary artery lesions within 1 year and more than 10 years after the onset of Kawasaki disease. J Cardiol. 2020;75(2):171‐176.
  • Yamanishi, S. and R. Pawankar (2020). “Current advances on the microbiome and role of probiotics in upper airways disease.” Curr Opin Allergy Clin Immunol 20(1): 30-35.
  • Watanabe, M., R. Fukazawa, S. Ogawa, T. Ohkubo, M. Abe, K. Hashimoto, Y. Hashimoto and Y. Itoh (2020). “Virtual histology intravascular ultrasound evaluation of coronary artery lesions within 1 year and more than 10 years after the onset of Kawasaki disease.” J Cardiol 75(2): 171-176.
  • Ueda, T., T. Itabashi, S. Yamanishi, Y. Tanabe, M. Migita and Y. Itoh (2020). “Cytokine Profile Changes During the Initial Stage of Treatment for Childhood Epstein-Barr Virus-Associated Hemophagocytic Lymphohistiocytosis.” J Nippon Med Sch.
  • Uchimura, R., T. Ueda, R. Fukazawa, J. Hayakawa, R. Ohashi, N. Nagi-Miura, N. Ohno, M. Migita and Y. Itoh (2020). “Adipose tissue-derived stem cells suppress coronary arteritis of Kawasaki disease in vivo.” Pediatr Int 62(1): 14-21.
  • Tanaka, Y., M. Kuwana, T. Fujii, H. Kameda, Y. Muro, K. Fujio, Y. Itoh, H. Yasuoka, S. Fukaya, K. Ashihara, D. Hirano, K. Ohmura, Y. Tabuchi, H. Hasegawa, R. Matsumiya, Y. Shirai, T. Ogura, Y. Tsuchida, M. Ogawa-Momohara, H. Narazaki, Y. Inoue, I. Miyagawa, K. Nakano, S. Hirata and M. Mori (2020). “2019 Diagnostic criteria for mixed connective tissue disease (MCTD): From the Japan research committee of the ministry of health, labor, and welfare for systemic autoimmune diseases.” Mod Rheumatol: 1-5.
  • Takei, S., N. Iwata, I. Kobayashi, T. Igarashi, Y. Yoshinaga, N. Matsubara, N. Sunaga, A. Ito and S. Yokota (2020). “Safety and effectiveness of adalimumab in Japanese patients with juvenile idiopathic arthritis: Results from a real-world postmarketing study.” Mod Rheumatol: 1-10.
  • Pawankar, R., J. Y. Wang, I. J. Wang, F. Thien, Y. S. Chang, A. H. A. Latiff, T. Fujisawa, L. Zhang, B. Y. Thong, P. Chatchatee, T. F. Leung, W. Kamchaisatian, I. Rengganis, H. J. Yoon, S. Munkhbayarlakh, M. T. Recto, A. G. E. Neo, D. Le Pham, L. T. T. Lan, J. M. Davies and J. W. Oh (2020). “Asia Pacific Association of Allergy Asthma and Clinical Immunology White Paper 2020 on climate change, air pollution, and biodiversity in Asia-Pacific and impact on allergic diseases.” Asia Pac Allergy 10(1): e11.
  • Pawankar, R. and M. Nagata (2020). “Asia Pacific Association of Allergy Asthma and Clinical Immunology and Workshop on Eosinophils in Allergy and Related Diseases.” Asia Pac Allergy 10(2): e23.
  • Miura, M., T. Kobayashi, T. Igarashi, H. Hamada, N. Iwata, Y. Sasaki, M. Matsukawa, N. Sato, H. Kubo and S. Takei (2020). “Real-world Safety and Effectiveness of Infliximab in Pediatric Patients With Acute Kawasaki Disease: A Postmarketing Surveillance in Japan (SAKURA Study).” Pediatr Infect Dis J 39(1): 41-47.
  • Maeda, M., A. Morimoto, Y. Shioda, T. Asano, Y. Koga, Y. Nakazawa, H. Kanegane, K. Kudo, S. Ohga, E. Ishii and H. O. Histiocytosis Study Group of the Japanese Society of Pediatric (2020). “Long-term outcomes of children with extracutaneous juvenile xanthogranulomas in Japan.” Pediatr Blood Cancer 67(7): e28381.
  • Kuramochi, E., K. Mae, Y. Ohtomo, R. Kamada, H. Sugano-Tajima and T. Asano (2020). “Growth hormone treatment at Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital.” J Nippon Med Sch.
  • Asano, T. (2020). “Drug resistance in cancer therapy and the possible role of epigenetics.” J Nippon Med Sch.
  • Okabe, T., Y. Norose, M. Hida, S. Takeda, M. Takase, Y. Suzuki and H. Ohkuni (2020). “Changes over an 8-year period in Streptococcus pyogenes emm types in pharyngeal isolates from non-invasive infection patients at a pediatric facility.” J Nippon Med Sch.

2020年 日本語論文

  • 楢崎秀彦, 山口賢一, 今川智之, 井上祐三朗, 根路銘安仁, 武井修治, 森雅亮 小児リウマチ性疾患登録(レジストリ)研究PRICURE ver. 2の現況と今後の展望 小児リウマチ 第11巻 第1号2020年

2020年 学会発表

  • 橋本佳亮, 金成海, 植田由依, 田邊雄大, 石垣瑞彦, 満下紀恵, 伊藤弘毅, 猪飼秋夫, 坂本喜三郎, 田中靖彦 先天性肺気道奇形を合併し、肺動脈統合化手術術後に左肺血流高度低下をきたした主要体肺動脈側副血行の1例 日本小児肺循環研究会 2020年2月8日
  • 橋本佳亮, 金成海, 石垣瑞彦, 佐藤慶介, 田中靖彦 小児期発症mid-aortic syndromeの長期的治療戦略 日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会(JPIC) 2020年1月23日
  • 満下紀恵, 金成海, 石垣瑞彦, 高梨浩一郎, 橋本佳亮, 鈴木康太, 植田由依, 陳又豪, 真田和哉, 佐藤慶介, 芳本潤, 新居正基, 田中靖彦, 坂本喜三郎 Failing Fontan症例へのカテーテル治療 日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会(JPIC) 2020年1月23日

2020年 書籍

  • 渡邉誠 胸痛、クリニカルガイド小児科ー専門医の診断・治療ー 2020年12月
  • 楢崎秀彦 成人診療科医のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド 羊土社 2020年6月 (分担執筆)
  • 植田高弘 今日の疾患辞典 鉄欠乏性貧血(小児) 株式会社プレシジョン2020(分担執筆)
  • 楢崎秀彦 今日の小児治療指針 第17版 「混合性結合組織病」(分担執筆)
  • 伊藤保彦 小児リウマチ学 小児リウマチ性疾患と自己抗体.朝倉書店 2020年5月(分担執筆)
  • 楢崎秀彦 小児リウマチ学 小児リウマチ性疾患の治療薬・治療法「グルココルチコイド(GC)」朝倉書店 2020年5月(分担執筆)
  • 深澤隆治 2020 年改訂版 川崎病心臓血管後遺症の診断と治療に関する ガイドライン ( 日本循環器学会 / 日本心臓血管外科学会合同ガイドライン)2020年3月(班長)

2020年 雑誌等

  • 高瀬真人 ここでしか聞けない!解剖から臨床までの呼吸器学 肺音の理解 日本小児臨床アレルギー学会誌(2432-9835)18巻1号 Page40-43(2020.03) 解説
  • 上砂光裕 【循環器症候群(第3版)-その他の循環器疾患を含めて-】染色体異常・奇形症候群に見られる心・血管異常 Williams症候群 日本臨床(0047-1852)別冊循環器症候群IV Page391-394(2020.03) 解説/特集
  • 山西愼吾 【小児消化器疾患-最近の話題】腸内細菌と疾患 小児科(0037-4121)61巻2号 Page141-148(2020.02) 解説/特集
  • 植田高弘 【知っていますか?小児科領域のスポーツ障害】慢性スポーツ障害 スポーツ貧血 小児科診療(0386-9806)83巻2号 Page183-189(2020.02) 解説/特集

2019年 英語論文

  • Suzuki K, Sasaki T, Kunugi S, Shima Y, Fukazawa R, Shimizu A, Nitta T. Resection of Kommerell’s diverticulum in an infant with prenatal diagnosis of right aortic arch. Surg Case Rep. Nov 6;5(1):172.
  • Yamashita, M., R. Wakatsuki, T. Kato, T. Okano, S. Yamanishi, N. Mayumi, M. Tanaka, Y. Ogura, H. Kanegane, S. Nonoyama, K. Imai and T. Morio (2019). “A synonymous splice site mutation in IL2RG gene causes late-onset combined immunodeficiency.” Int J Hematol 109(5): 603-611.
  • Ueda, T., M. Migita, T. Itabashi, Y. Tanabe, R. Uchimura, Y. Gocho, M. Yamanishi, F. Kobayashi, M. Yoshino, A. Fujita, S. Yamanishi, K. Kaizu, J. Hayakawa, T. Asano, M. Maeda and Y. Itoh (2019). “Therapy-related Secondary Malignancy After Treatment of Childhood Malignancy: Cases from a Single Center.” J Nippon Med Sch 86(4): 207-214.
  • Tajima, H. and R. Pawankar (2019). “Obesity and adiposity indicators in asthma and allergic rhinitis in children.” Curr Opin Allergy Clin Immunol 19(1): 7-11.
  • Suzuki, T., H. Tajima, M. Migita, R. Pawankar, T. Yanagihara, A. Fujita, Y. Shima, E. Yanai and Y. Katsube (2019). “A case of anhidrotic ectodermal dysplasia presenting with pyrexia, atopic eczema, and food allergy.” Asia Pac Allergy 9(1): e3.
  • Suzuki, K., T. Sasaki, S. Kunugi, Y. Shima, R. Fukazawa, A. Shimizu and T. Nitta (2019). “Resection of Kommerell’s diverticulum in an infant with prenatal diagnosis of right aortic arch.” Surg Case Rep 5(1): 172.
  • Pawankar, R. (2019). “Climate change, air pollution, and biodiversity in Asia Pacific: impact on allergic diseases.” Asia Pac Allergy 9(2): e11.
  • Ohki, K., N. Kiyokawa, Y. Saito, S. Hirabayashi, K. Nakabayashi, H. Ichikawa, Y. Momozawa, K. Okamura, A. Yoshimi, H. Ogata-Kawata, H. Sakamoto, M. Kato, K. Fukushima, D. Hasegawa, H. Fukushima, M. Imai, R. Kajiwara, T. Koike, I. Komori, A. Matsui, M. Mori, K. Moriwaki, Y. Noguchi, M. J. Park, T. Ueda, S. Yamamoto, K. Matsuda, T. Yoshida, K. Matsumoto, K. Hata, M. Kubo, Y. Matsubara, H. Takahashi, T. Fukushima, Y. Hayashi, K. Koh, A. Manabe, A. Ohara and G. Tokyo Children’s Cancer Study (2019). “Clinical and molecular characteristics of MEF2D fusion-positive B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia in childhood, including a novel translocation resulting in MEF2D-HNRNPH1 gene fusion.” Haematologica 104(1): 128-137.
  • Ohashi, R., R. Fukazawa, A. Shimizu, S. Ogawa, M. Ochi, T. Nitta and Y. Itoh (2019). “M1 macrophage is the predominant phenotype in coronary artery lesions following Kawasaki disease.” Vasc Med 24(6): 484-492.
  • Kajimoto, Y., Y. Endo, M. Terasaki, S. Kunugi, T. Igarashi, A. Mii, Y. Terasaki and A. Shimizu (2019). “Pathologic glomerular characteristics and glomerular basement membrane alterations in biopsy-proven thin basement membrane nephropathy.” Clin Exp Nephrol 23(5): 638-649.
  • Hashimoto, Y., R. Fukazawa, N. Nagi-Miura, N. Ohno, N. Suzuki, Y. Katsube, M. Kamisago, M. Akao, M. Watanabe, K. Hashimoto, K. Tsuno, R. Matsui and Y. Itoh (2019). “Interleukin-1beta Inhibition Attenuates Vasculitis in a Mouse Model of Kawasaki Disease.” J Nippon Med Sch 86(2): 108-116.
  • Hara, R., H. Umebayashi, S. Takei, N. Okamoto, N. Iwata, Y. Yamasaki, Y. Nakagishi, T. Kizawa, I. Kobayashi, T. Imagawa, N. Kinjo, N. Amano, Y. Takahashi, M. Mori, Y. Itoh and S. Yokota (2019). “Intravenous abatacept in Japanese patients with polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis: results from a phase III open-label study.” Pediatr Rheumatol Online J 17(1): 17.

2019年 日本語論文

  • 福永遼平, 島義雄, 松川昇平, 矢代健太郎 血液型不適合による溶血性貧血を合併した新生児ヘモクロマトーシスの一例 日本周産期・新生児医学会雑誌 55巻4号 Page1037-1041(2019.12)
  • 柳原剛 学校検尿で早期に発見され予後良好と考えられるANCA関連腎炎の1例 じん(0388-2373)41号 Page14-16(2019.09)
  • 高木啓倫, 勝部康弘, 赤尾見春, 松井亮介, 小林光一, 長嶺美和, 佐野透美, 宮田真貴子, 田辺雄次郎, 田嶋華子, 柳原剛, 川上康彦 ペントラキシン3が高値を示した冠動脈瘤合併川崎病の1例 心臓(0586-4488)51巻12号 Page1297-1303(2019.12)
  • 高瀬真人【一般診療を見直す】聴診について 日本小児科医会会報(0912-1781)57号 Page14-19(2019.04) 解説/特集
  • 松本多絵 呼吸器疾患児が航空機旅行をする前にすべきこと 呼吸機能評価と事前準備でトラブル回避を 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)30巻1号 Page48-55(2019.06) 論文種類:総説
  • 楊井瑛美, 熊坂栄, 寺田有佑, 赤羽洋祐, 来住修, 島義雄, 内藤悦雄 胎児脳構造異常を契機に診断したピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症の女児 日本小児科学会雑誌123巻5号 Page849-854(2019.05)

2019年 学会発表

国際学会

  • Yoshiaki Hashimoto, Ryuji Fukazawa, Noriko Miura, Nohito Ohno, Nobuko Suzuki, Mitsuhiro Kamisago, Miharu Akao, Makoto Watanbe, Koji Hashimoto, Kanae Tsuno, Ryosuke Matsui, Yasuhiko Itoh. Interleukin-1 beta inhibition attenuates vasculitis in mouse model of Kawasaki disease. 53th Annual Meeting of Association for European Paediatric and Congenital Cardiology, Seville, Spain, May 2019
  • Yoshiaki H., Ryuji F., Noriko M., Naohito O., Nobuko S., Yasuhiro K., Mitsuhiro K., Miharu A., Makoto W., Koji H., Kanae T., Ryosuke M., Yasuhiko I. Interleukin-1beta inhibition attenuates vasculitis in mouse model of Kawasaki disease Association for European Paediatric and Congenital Cardiology, Seville, Spain  April 2019

国内学会

シンポジウム

  • 深澤隆治 遠隔期管理の進歩と課題 第214回日本小児科学会千葉地方会シンポジウム「半世紀たった川崎病の現在と未来」2019年9月15日

特別講演

  • 高瀬真人 小児の肺聴診 基礎と臨床 第52回日本小児呼吸器学会 2019年11月
  • 深澤隆治 アフタヌーンセミナー 川崎病心臓血管後遺症の診断と治療に関するガイドライン(2019年改訂版)における改訂ポイントの解説 第39回日本川崎病学会・学術集会 2019年10月26日
  • 伊藤保彦 抗Ro抗体と小児のSS 第28回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2019年9月14日
  • 伊藤保彦 小児のシェーグレン症候群と診断基準 第27回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2018年9月14日
  • 高瀬真人 ここでしか聞けない!解剖から臨床までの呼吸器学 肺音の理解 第36回日本小児臨床アレルギー学会 2019年7月
  • 深澤隆治 川崎病冠動脈瘤の長期予後~臨床的視点から~ 第8回 宮城川崎病研究会 2019年5月11日
  • 深澤隆治 川崎病冠動脈瘤の発症機序と川崎病遠隔期の問題点 第6回信州先進循環器セミナー(SCS)2019年4月17日

一般演題

  • 伊藤保彦 モデル・コア・カリキュラムにおける小児科の現状と課題 第19回日本小児医学教育研究会 2019年12月8日
  • 板橋寿和 感染症との鑑別を要した肺病変を認めたホジキンリンパ腫の1例 第61回日本小児血液・がん学会 2019年11月
  • 大高永字, 楢崎秀彦, 築野香苗, 橋本康司, 渡邉誠, 中江竜太, 源田雄紀, 市場晋吾, 伊藤保彦 急速に増悪したインフルエンザ肺炎合併縦隔気腫に対するECMO導入で生還した7歳男児の一例 日本小児感染症学会 2019年
  • 内村僚一, 植田高弘, 深澤隆治, 板橋寿和, 早川潤, 大橋隆治, 右田真, 伊藤 保彦 脂肪由来間葉系幹細胞の冠動脈血管炎モデルマウスに対する炎症抑制効果の検討 Adipose tissue-derived stem cells suppress coronary arteritis in a mouse model 第81回日本血液学会学術集会 2019年10月
  • 築野香苗, 渡邉誠, 松井亮介, 橋本康司, 阿部正憲, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 深澤隆治 遠隔における川崎病冠動脈の13N-アンモニアPET検査による冠循環評価 第39回日本川崎病学会・学術集会 東京 口演 2019年10月
  • 橋本康司, 築野香苗, 橋本佳亮, 渡邉誠, 松井亮介, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 深澤隆治 川崎病巨大冠動脈瘤に対し縫縮術を施行した10例の長期予後 第39回日本川崎病学会・学術集会 東京 口演 2019年10月
  • 松井亮介, 深澤隆治, 築野香苗, 橋本康司, 渡邉誠, 阿部正徳, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘 重度の僧帽弁閉鎖不全症と心不全をきたした不全型川崎病の2例 第39回日本川崎病学会・学術集会 東京 ポスター 2019年10月
  • 橋本佳亮, 金成海, 吉村元文, 田邊雄大, 満下紀恵, 岩淵英人, 田中靖彦 治療介入が必要となった川崎病における心臓弁膜症 第39回日本川崎病学会・学術集会 東京 ポスター 2019年10月
  • 猪狩直之, 熊坂栄, 永田万純, 来住修, 島義雄 多彩な症状を呈した先天性風疹症候群の極低出生体重児例 小児科学会東京地方会 2019年10月
  • 楢崎秀彦, 山口賢一, 今川智之, 井上祐三朗, 森雅亮 小児リウマチ性疾患登録(レジストリ)研究PRICURE ver.2 日本小児リウマチ学会 2019年
  • 山西愼吾, 田辺雄次郎, 竹下輝, 楢崎秀彦, 五十嵐徹, 伊藤保彦 MCTD発症から長期経過中に多彩な自己抗体を認めオーバーラップ症候群(SSc、SLE)に移行した1例 日本小児リウマチ学会 2019年
  • 橋本佳亮 PDA、ASDを合併した21トリソミーの1例 静岡小児循環器症例検討会 2019年9月28日
  • 島義雄, 熊坂栄, 根岸靖幸 早産児の慢性肺疾患と傷害関連分子パターンとしてのHigh Mobility Group Box-1(HMGB-1) 第55回日本周産期・新生児医学会総会 2019.7
  • 深見武彦, 島義雄 胎児期の超音波所見を観察し得たZimmer症候群の1例 第55回日本周産期・新生児医学会総会 2019.7
  • 渡邉誠 川崎病後冠動脈障害の血行動態評価:心臓カテーテル検査におけるFFRと13N-アンモニアPETによるCFRの比較検討 第55回日本小児循環器学会総会 札幌 ポスター 2019年6月
  • 築野香苗 川崎病冠動脈障害におけるN-アンモニアPET検査における冠循環の評価   第55回日本小児循環器学会総会 札幌 ポスター 2019年6月
  • 橋本佳亮, 鈴木伸子, 松井亮介, 築野香苗, 橋本康司, 渡邉誠, 上砂光裕, 勝部康弘, 三浦典子, 大野尚人, 深澤隆治 川崎病モデルマウスにおいてインターロイキン-1β阻害薬は血管炎を抑制する 第55回日本小児循環器学会総会 札幌 ポスター 2019年6月
  • 橋本康司 新生児遷延性肺高血圧にて、PGI2の離脱にSelexipagが有効と思われた両大血管右室起始症のダウン症の1例 第55回日本小児循環器学会総会 札幌 ポスター 2019年6月
  • 橋本佳亮 小児川崎病におけるIL-1βパスウェイの役割 小児心血管分子医学研究会 2019年6月27日
  • 楊井瑛美, 熊坂栄寺田有佑赤羽洋祐来住修島義雄内藤悦雄 胎児脳構造異常を契機に診断したピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症の女児 日本小児科学会雑誌 20195
  • 内村僚一, 植田高弘, 深澤隆治, 早川潤, 大橋隆治, 右田真, 前田美穂, 伊藤保彦 川崎病モデルマウスを用いた脂肪由来間葉系幹細胞の細胞療法の検討Verification of anti-inflammatory effect of adipose-derived mesenchymal stem cells in Kawasaki disease model mice(第122回日本小児科学会学術集会 2019年4月
  • 松井亮介, 田辺雄次郎, 鈴木たまほ, 佐野透美, 橋本愛子, 田嶋華子, 山西慎吾, 楢崎秀彦, 柳原剛, 勝部康弘, 伊藤保彦 胸痛を契機に診断されたSAPHO症候群の1例 日本小児科学会 2019年4月
  • 竹田幸代 血管性紫斑を呈したヒトパルボウイルスB19感染症の1例 第43回南多摩小児臨床研究会 2019年4月
  • 重藤千尋, 山口華央, 山下裕子, 高山良子, 船坂陽子, 佐伯秀久, 築野香苗, 楢崎秀彦 色素レーザー照射とプロプラノロール塩酸塩内服で治療した潰瘍を伴う乳児血管腫の1例 日本皮膚科学会 2019年
  • 橋本佳亮 川崎病モデルマウスにおいてインターロイキン-1β阻害薬は血管炎を抑制する 血管炎病因病態研究会 2019年3月2日
  • 熊坂栄 早産児の低亜鉛血症に対する亜鉛補充療法・日本亜鉛栄養治療研究会 2019.2

2019年 書籍

  • 高瀬真人 小児呼吸機能検査ハンドブック改訂(監修) 2019年12月
  • 深澤隆治 【循環器症候群(第3版)】川崎病 日本臨床 領域別症候群シリーズNo. 6 2019; 115-122
  • 深澤隆治 小児科ステロイドの使い方・止め方・続け方 稲毛康司編集 II 各論B疾患別のステロイド治療 5. 川崎病 p105-108 文光堂 東京 2019

2019年 雑誌 等

  • 島義雄 周産期相談310【新生児・乳児編】Ⅵ全身 229-231 周産期医学増刊号 解説/特集
  • 深澤隆治 【循環器症候群(第3版)-その他の循環器疾患を含めて-】冠動脈・静脈疾患・走行異常 川崎病 日本臨床(0047-1852)別冊循環器症候群II Page115-122(2019.10) 解説/特集
  • 松本多絵 【外国人の子どもの診療~いまからでも間に合う!~】日本から海外に広がる母子手帳 チャイルド ヘルス(1344-3151)22巻12号 Page904-907(2019.12) 解説/特集
  • 松本多絵 【外国人の子どもの診療~いまからでも間に合う!~】診察室の中で気をつけること チャイルド ヘルス(1344-3151)22巻12号 Page892-895(2019.12) 解説/特集
  • 松本多絵 【外国人の子どもの診療~いまからでも間に合う!~】受付・待合室で心に留めておくこと チャイルド ヘルス(1344-3151)22巻12号 Page886-890(2019.12) 解説/特集
  • 渡邉誠 【小児外来:どう診るか、どこまで診るか】よくみられる症状 心雑音 小児科臨床(0021-518X)72巻増刊 Page1151-1157(2019.08) 解説/特集
  • 楢崎秀彦 【小児リウマチ性疾患の診療~これまでのエビデンスに基づく最近の知見~】混合性結合組織病 Pharma Medica(0289-5803)37巻7号 Page31-36(2019.07) 解説/特集
  • 五十嵐徹 【小児リウマチ性疾患の診療~これまでのエビデンスに基づく最近の知見~】全身性エリテマトーデス Pharma Medica(0289-5803)37巻7号 Page15-19(2019.07) 解説/特集
  • 深澤隆治 【増加し続ける川崎病】川崎病遠隔期の診断・治療 日本医事新報(0385-9215)4972号 Page34-39(2019.08) 解説/特集
  • 上砂光裕 【小児循環器領域の生涯包括遺伝医療】総論 小児循環器の遺伝学的検査 小児科診療(0386-9806)82巻7号 Page841-846(2019.07) 解説/特集
  • 山西愼吾, 伊藤保彦 【自己炎症疾患の臨床と最新の知見】自己炎症疾患におけるカナキヌマブの役割 リウマチ科(0915-227X)61巻5号 Page453-460(2019.05) 解説/特集
  • 高瀬真人 【小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ】主要症状に対するファーストタッチ 呼吸不全 小児科診療(0386-9806)82巻1号 Page31-37(2019.01) 解説/特集

2018年 英語論文

  • Unzaki, A., N. Morisada, K. Nozu, M. J. Ye, S. Ito, T. Matsunaga, K. Ishikura, S. Ina, K. Nagatani, T. Okamoto, Y. Inaba, N. Ito, T. Igarashi, S. Kanda, K. Ito, K. Omune, T. Iwaki, K. Ueno, M. Yahata, Y. Ohtsuka, E. Nishi, N. Takahashi, T. Ishikawa, S. Goto, N. Okamoto and K. Iijima (2018). “Clinically diverse phenotypes and genotypes of patients with branchio-oto-renal syndrome.” J Hum Genet 63(5): 647-656.
  • Nishigori, A., T. Hatori and T. Asano (2018). “An 8-Year-Old Girl with Autoimmune Hepatitis Following Aplastic Anemia.” J Nippon Med Sch 85(4): 241-244.
  • Sano, T., T. Suzuki, A. Nishigori, C. Miyatake, S. Koizumi, K. Kaizu, A. Fujita, M. Kamisago, B. Chang, N. Ishiwada and T. Asano (2018). “The Incidence of Pediatric Invasive Bacterial Diseases in Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital before and after the Introduction of Conjugate Vaccines.” J Nippon Med Sch 85(1): 34-38.
  • Ravelli, A., A. Consolaro, G. Horneff, R. M. Laxer, D. J. Lovell, N. M. Wulffraat, J. D. Akikusa, S. M. Al-Mayouf, J. Anton, T. Avcin, R. A. Berard, M. W. Beresford, R. Burgos-Vargas, R. Cimaz, F. De Benedetti, E. Demirkaya, D. Foell, Y. Itoh, P. Lahdenne, E. M. Morgan, P. Quartier, N. Ruperto, R. Russo, C. Saad-Magalhaes, S. Sawhney, C. Scott, S. Shenoi, J. F. Swart, Y. Uziel, S. J. Vastert and J. S. Smolen (2018). “Treating juvenile idiopathic arthritis to target: recommendations of an international task force.” Ann Rheum Dis 77(6): 819-828.
  • Narazaki, H., T. Yanagihara, M. Shimizu, H. Takahashi and Y. Itoh (2018). “Pediatric immunoglobulin A complex secretory component deficiency.” Pediatr Int 60(7): 662-663.
  • Miura, M., T. Kobayashi, T. Kaneko, M. Ayusawa, R. Fukazawa, N. Fukushima, S. Fuse, K. Hamaoka, K. Hirono, T. Kato, Y. Mitani, S. Sato, S. Shimoyama, J. Shiono, K. Suda, H. Suzuki, J. Maeda, K. Waki, Z. s. P. n. S. S. G. The, H. Kato, T. Saji, H. Yamagishi, A. Ozeki, M. Tomotsune, M. Yoshida, Y. Akazawa, K. Aso, S. Doi, Y. Fukasawa, K. Furuno, Y. Hayabuchi, M. Hayashi, T. Honda, N. Horita, K. Ikeda, M. Ishii, S. Iwashima, M. Kamada, M. Kaneko, H. Katyama, Y. Kawamura, A. Kitagawa, A. Komori, K. Kuraishi, H. Masuda, S. Matsuda, S. Matsuzaki, S. Mii, T. Miyamoto, Y. Moritou, N. Motoki, K. Nagumo, T. Nakamura, E. Nishihara, Y. Nomura, S. Ogata, H. Ohashi, K. Okumura, D. Omori, T. Sano, E. Suganuma, T. Takahashi, S. Takatsuki, A. Takeda, M. Terai, M. Toyono, K. Watanabe, M. Watanabe, M. Yamamoto and K. Yamamura (2018). “Association of Severity of Coronary Artery Aneurysms in Patients With Kawasaki Disease and Risk of Later Coronary Events.” JAMA Pediatr 172(5): e180030.
  • Kawakami, Y., K. Saito and Y. Itoh (2018). “The developmental effects of isoflavone aglycone administration on early chick embryos.” Interdiscip Toxicol 11(3): 236-239.Kawakami, Y., S. Fujii, G. Ishikawa, A. Sekiguchi, A. Nakai and M. Takase (2018). “Valproate-Induced Polycystic Ovary Syndrome in a Girl with Epilepsy: A Case Study.” J Nippon Med Sch 85(5): 287-290.
  • Horinouchi, T., K. Nozu, T. Yamamura, S. Minamikawa, T. Omori, K. Nakanishi, J. Fujimura, A. Ashida, M. Kitamura, M. Kawano, W. Shimabukuro, C. Kitabayashi, A. Imafuku, K. Tamagaki, K. Kamei, K. Okamoto, S. Fujinaga, M. Oka, T. Igarashi, A. Miyazono, E. Sawanobori, R. Fujimaru, K. Nakanishi, Y. Shima, M. Matsuo, M. J. Ye, Y. Nozu, N. Morisada, H. Kaito and K. Iijima (2018). “Detection of Splicing Abnormalities and Genotype-Phenotype Correlation in X-linked Alport Syndrome.” J Am Soc Nephrol 29(8): 2244-2254.

2018年 日本語論文

  • 上砂光裕 ここまで知っておきたい発生学 先天性心疾患の遺伝子解析 日本小児循環器学会雑誌(0911-1794)34巻3号 Page105-110(2018.09) 総説
  • 赤羽洋祐, 熊坂栄, 来住修, 島義雄 新生児期発症型中鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症の1例(原著論文/症例報告)日本周産期・新生児医学会雑誌 54巻3号 Page876-881(2018.09)  原著論文/症例報告
  • 楊井瑛美, 藤田敦士, 鈴木たまほ, 柳原剛, 川上康彦, 勝部康弘 メチルプレドニゾロンパルス療法が奏功した小児自己免疫性肝炎の1例 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)14巻3号 Page121-124(2018.06) 原著論文/症例報告
  • 水野真希, 帆足俊彦, 上春光司, 橋本佳亮, 橋本康司, 船坂陽子, 佐伯秀久 【細菌・抗酸菌感染症】乳児肛門周囲膿瘍の1例 皮膚科の臨床(0018-1404)60巻8号 Page1184-1185(2018.07) 原著論文/症例報告/特集
  • 阿曽亮子, 桑原健太郎, 前田美穂, 伊藤保彦 臨床実習前の医学生に対する小児科診療シミュレーショントレーニングの経験 日本シミュレーション医療教育学会雑誌(2187-9281)5巻 Page49-55(2017.08) 原著論文
  • 高瀬真人 長引く咳の治療戦略 長引く咳の治療戦略 本当に治療が必要な咳かを見極めよう 日本小児アレルギー学会誌(0914-2649)32巻2号 Page219-223(2018.06) 解説
  • 深澤隆治, 新 博次「生後45日目に突然死をきたした2:1房室ブロックを伴う先天性QT延長症候群の1例」について 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)14巻3号 Page134(2018.06) レター
  • 今井丈英, 足立雄一, 市丸智浩, 上田康久, 樋口昌孝 第2回小児気管・気管支異物に関する全国調査結果 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)29巻1号 Page114-121(2018.06) 原著論文
  • 築野香苗, 深澤隆治, 橋本佳亮, 橋本康司, 伊藤保彦 生後45日目に突然死をきたした2:1房室ブロックを伴う先天性QT延長症候群の1例 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)14巻1号 Page14-17(2018.02) 原著論文/症例報告
  • 西田理子, 今井丈英, 高瀬真人 閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対し保存的治療を行った2歳未満の小児2例の検討 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)28巻2号 Page208-214(2018.01) 原著論文/症例報告

2018年 学会発表

国際学会

  • Ryouichi Uchimura, Takahiro Ueda ANTI-INFLAMMATORY EFFECTS OF ADIPOSE TISSUE-DERIVED STEM CELLS IN A KAWASAKI DISEASE MOUSE MODEL *Best Active Poster presentation award; 14th Asian Society for Pediatric Research Congress, 2018
  • Yasuhiko Itoh Anti-Ro syndrome : Sjögren’s syndrome in children. 20th Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Congress 2018年9月6
  • Yoshiaki Hashimoto Usefulness of [13N]ammonia Positron Emission Tomography for Assessment of Myocardial Blood Flow in Kawasaki Disease-related Coronary Artery Aneurysms International Kawasaki Disease Symposium( IKDS) 201869
  • Koji Hashimoto Histological Coronary Artery Destruction Occurs when Coronary Artery Diameter Exceeds 4.0 mm in Acute Phase of Kawasaki Disease International Kawasaki Disease Symposium( IKDS) 201869

国内学会

特別講演

  • 楢崎秀彦 感染性心内膜炎と抗菌薬の適正使用(指定発言) 日本小児科学会東京都地方会 2018年7月
  • 伊藤保彦 小児リウマチ (JIA) UP TO DATE 第23回 田園都市リウマチフォーラム 2018年6月6日
  • 深澤隆治 川崎病冠動脈瘤のでき方と動脈瘤の遠隔期における問題点 第38回東海川崎病研究会 2018年5月19日
  • 伊藤保彦 小児膠原病 Up-to-Date 第562回 葛飾区小児科集談会講演会 2018年5月15日

一般演題

  • 渡邉誠 川崎病後冠動脈障害の血行動態評価 川崎病学会 2018年10月
  • 板橋寿和 GO投与例に対する造血幹細胞移植後VODの予防戦略について 第60回日本小児血液・がん学会 2018年11月 
  • 板橋寿和 脳腫瘍治療12年後にユーイング肉腫を発症し治療5年後に再発した1例 第60回日本小児血液・がん学会 2018年11月
  • 橋本佳亮, 鈴木伸子, 松井亮介, 築野香苗, 橋本康司, 渡邉誠, 阿部正憲, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 三浦典子, 大野尚人, 深澤隆治 川崎病モデルマウスにおけるIntgerleukin-1β阻害薬の治療効果 第38回日本川崎病学会・学術集会 2018年11月
  • 熊坂栄, 来住修, 猪狩直之, 島義雄 高流量酸素療法の有用性に関する検討-ケースコントロール研究- 第63回日本新生児成育医学会 2018.11
  • 福永遼平, 松川昇平, 矢代健太郎, 島義雄 血液型不適合による溶血性貧血を合併した新生児ヘモクロマトーシスの一例 第63回日本新生児成育医学会 2018.11
  • 内村僚一 マウス脂肪由来間葉系幹細胞の抗炎症作用についての検証 -血管炎モデルマウスを用いて-Verification of anti-inflammatory effect of mouse Adipose tissue-derived stem cells 第60回日本小児血液・がん学会学術集会 2018年11月
  • 築野香苗 心臓移植後に薬剤性慢性腎障害をきたし、腎移植を行った 1 例 日本小児心筋疾患学会 2018年10月13日
  • 板橋寿和, 植田高弘, 田辺雄次郎, 山西愼吾, 前田美穂, 伊藤保彦 松果体胚細胞腫瘍治療後ユーイング肉腫を発症した1例 第649回日本小児科学会東京都地方会 2018年10月
  • 松本多絵 呼吸器疾患でも快適な空の旅を 第51回日本小児呼吸器学会 2018年9月
  • Shima Y.  An experience of advanced intensive care for the very preterm neonate – a case of early-onset sepsis caused by Haemophilus influenzae- 第13回横須賀海軍病院周産期セミナー 2018.9
  • 築野香苗, 熊坂栄, 赤羽洋祐, 来住修, 島義雄 完全内臓逆位に合併した完全大血管転移症の1例 第54回日本周産期・新生児医学会総会 2018.7
  • 来住修, 築野香苗, 赤羽洋祐, 熊坂栄, 島義雄 上衣下偽嚢胞を契機に先天性サイトメガロウイルス感染症と診断した一例 第54回日本周産期・新生児医学会総会 2018.7
  • 熊坂栄, 田中龍彦, 島義雄, 来住修, 赤羽洋祐, 築野香苗 早産児における栄養法と亜鉛の体内動態の考察 第54回日本周産期・新生児医学会総会 2018.7
  • 佐野透美, 島義雄, 松川昇平, 矢代健太郎 偶発的に発見された副腎出血の1例 第54回日本周産期・新生児医学会総会 2018.7
  • 松川昇平, 島義雄, 矢代健太郎, 佐野透美 当院NICUにおける母体搬送,転入・転出と医療連携 第54回日本周産期・新生児医学会総会 2018.7
  • 深澤隆治, 橋本康司, 橋本佳亮, 大久保隆志, 築野香苗, 渡邉誠, 鈴木伸子, 赤尾見春, 阿部正徳, 上砂光裕, 勝部康弘 当院における巨大瘤を有し成人に至った川崎病症例の検討 第54回日本小児循環器学会総会・学術集会 2018年7月
  • 橋本佳亮, 橋本康司, 築野香苗, 渡邉誠, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 深澤隆治, 伊藤保彦 HACEK群による感染性心内膜炎をきたしたRastelli手術後TGAの1例 日本小児科学会東京都地方会 2018年7月
  • 五十嵐徹, 林美雪, Pawankar Ruby, 山西愼吾, 田辺雄次郎, 竹下輝, 尾崎優介, 楢崎秀彦, 五十嵐勉, 伊藤保彦 調整粉末大豆乳(ボンラクトi)を使用した5年間の検査値の推移と身体所見 第67回日本アレルギー学会 2018年6月
  • 松本多絵 最近17年間で経験した当院での小児化膿性関節炎の検討 第92回日本感染症学会/第66回日本化学療法学会
  • 楊井瑛美柳原剛吉崎薫五十嵐徹伊藤保彦 胎児期に腎盂拡張を指摘され2年以上経過観察した3547腎の経過 日本小児腎臓病学会 2018年
  • 熊坂栄, 来住修, 猪狩直之, 島義雄 TAPSとの鑑別を要したreversal of TTTSの急性期循環管理に関する考察 第16回日本周産期循環管理研究会 2018年5月
  • 内村僚一  川崎病血管炎モデルマウスに対する脂肪由来間葉系幹細胞投与の効果検証 第121回日本小児科学会学術集会 2018年4月
  • 海津聖彦, 小泉慎也, 宮武千晴, 上砂光裕, 佐野透美, 築野香苗, 鈴木たまほ, 橋本佳亮, 星野レイ, 寺田有佑, 高木篤史, 山西未穂, 稲垣真一郎, 藤田敦士, 楢崎秀彦, 藤野修, 屋代亜弓, 白承婀, 浅野健, 伊藤保彦 薬剤耐性(AMR)アクションプラン政策による入院患者への抗菌薬処方行動の変化 第121回日本小児科学会学術集会 2018年4月

2018年 書籍

  • 高瀬真人 小児呼吸機能検査ハンドブック集(監修) 2018年9月
  • 上砂光裕 他の遺伝性心血管疾患-Williams症候群 小児・成育循環器学 2018年7月
  • 島義雄 今日の治療指針2018 「新生児疾患:新生児慢性肺疾患」 医学書院 2018年 分担執筆
  • 深澤隆治, 小川俊一【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】中型血管炎 川崎病 川崎病の診断 日本臨床 76(増刊6血管炎(第2版))2018; 183-189
  • 深澤隆治 川崎病学 日本川崎病学会編集 V遠隔期の検査・治療・管理 2.冠動脈造影 p156-160 診断と治療社 東京 2018
  • 深澤隆治 川崎病学 日本川崎病学会編集 V遠隔期の検査・治療・管理 1.遠隔期治療総論p150-155 診断と治療社 東京 2018
  • 深澤隆治 小児・成育循環器学 日本小児循環器学会編集 III章 症候別・疾患別(各論)G. 他の遺伝性心血管疾患 1. 脂質異常症 p629-633 診断と治療社 東京 2018
  • 深澤隆治小川俊一:小児・成育循環器学 日本小児循環器学会編集 II章診断・治療(総論)C.心血管系の薬理学 d.β遮断薬 p86-89 診断と治療社 東京 2018

2018年 雑誌 等

  • 島義雄 早産管理 2018-至適娩出時期をめぐって:総論 周産期医学 48巻P575-580 解説/特集
  • 島義雄 産婦人科医が身につけたい新生児の診察法 周産期医学 48巻P965-968 解説/特集
  • 植田高弘 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 血液・造血器疾患 鉄欠乏性貧血 小児内科(0385-6305)50巻増刊 Page584-585(2018.11) 解説/特集
  • 今井丈英 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 呼吸器疾患 睡眠時無呼吸症候群 小児内科(0385-6305)50巻増刊 Page510-511(2018.11) 解説/特集
  • 高瀬真人 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 呼吸器疾患 急性気管支炎 小児内科(0385-6305)50巻増刊 Page478-479(2018.11) 解説/特集
  • 浅野健【内分泌症候群(第3版)-その他の内分泌疾患を含めて-】副腎 その他 Wolman病 日本臨床(0047-1852)別冊内分泌症候群II Page249-253(2018.11) 解説/特集
  • 前田美穂 【白血病UPDATE】白血病各論 白血病治療後のサバイバーシップ 医学のあゆみ(0039-2359)268巻1号 Page77-82(2019.01) 解説/特集
  • 勝部康弘, 松井亮介, 寺西見春 【川崎病アップデート~病因・病態論の推移と展望~】バイオマーカー 本症に特異的なマーカーは見出せるか アレルギー・免疫(1344-6932)25巻11号 Page1428-1434(2018.10) 解説/特集
  • 重盛朋子 【溶連菌感染症を見直す】リウマチ熱と溶連菌感染後反応性関節炎 小児科(0037-4121)59巻11号 Page1541-1546(2018.10) 解説/特集
  • 深澤隆治 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】中型血管炎 川崎病 川崎病の診断 日本臨床(0047-1852)76巻増刊6 血管炎(第2版) Page183-189(2018.07) 解説/特集
  • 渡邉誠, 深澤隆治 【痛み・かゆみ】痛み 訴えに応じた治療 胸痛 小児内科(0385-6305)50巻7号 Page1067-1071(2018.07) 解説/特集
  • 前田美穂 【Well Babyのための乳幼児健診】乳幼児健診の「質」を高める 専門医との協働 小児科 血液 小児内科(0385-6305)50巻6号 Page915-917(2018.06) 解説/特集
  • 深澤隆治, 桐山智成 【小児科医のための新しい画像診断の知識】13N-アンモニアPET 小児科(0037-4121)59巻7号 Page1045-1052(2018.06) 解説/特集
  • 楢崎秀彦, 伊藤保彦 【私の処方2018】アレルギー・膠原病の処方 リウマチ熱 小児科臨床(0021-518X)71巻5号 Page1012-1020(2018.05) 解説/特集
  • 植田高弘, 前田美穗 【私の処方2018】血液疾患の処方 鉄欠乏性貧血 小児科臨床(0021-518X)71巻5号 Page841-846(2018.05) 解説/特集
  • 川上康彦 【けいれん・意識障害】けいれん・意識障害への救急対応 静注用フェノバルビタール製剤の使い方と注意点 小児内科(0385-6305)50巻4号 Page487-490(2018.04) 解説/特集
  • 五十嵐徹【日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患】臨床症状からの小児リウマチ性疾患の診断へのアプローチ 骨・関節所見 小児科診療(0386-9806)81巻6号 Page713-718(2018.06) 解説/特集
  • 前田美穂 【小児の治療指針】血液・腫瘍 鉄欠乏性貧血 小児科診療(0386-9806)81巻増刊 Page450-453(2018.04) 解説/特集
  • 柳原剛 【小児の治療指針】リウマチ・膠原病 血管炎症候群(川崎病、IgA血管炎を除く) 小児科診療(0386-9806)81巻増刊 Page312-314(2018.04) 解説/特集
  • 前田美穂 小児がんの晩期合併症と長期フォローアップの重要性 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)14巻2号 Page51-53(2018.04) 解説
  • 植田高弘 【思春期を診る!】小児科医が行う思春期診療-どう診るか?どこまで診るか? 鉄欠乏性貧血 小児科(0037-4121)59巻5号 Page651-658(2018.04) 解説/特集

2017年 英語論文

  • Udagawa, T., T. Jo, T. Yanagihara, A. Shimizu, J. Mitsui, S. Tsuji, S. Morishita, R. Onai, K. Miura, S. Kanda, Y. Kajiho, H. Tsurumi, A. Oka, M. Hattori and Y. Harita (2017). “Altered expression of Crb2 in podocytes expands a variation of CRB2 mutations in steroid-resistant nephrotic syndrome.” Pediatr Nephrol 32(5): 801-809.
  • Shima, Y., S. Kumasaka and S. Nishimaki (2017). “Urinary beta2-microglobulin and bronchopulmonary dysplasia: Trends in preterm infants.” Pediatr Int 59(11): 1169-1173.
  • Toda, N., K. Ihara, K. Kojima-Ishii, M. Ochiai, K. Ohkubo, Y. Kawamoto, Y. Kohno, S. Kumasaka, A. Kawase, Y. Ueno, T. Futatani, T. Miyazawa, Y. Nagaoki, S. Nakata, M. Misaki, H. Arai, M. Kawai, M. Sato, Y. Yada, N. Takahashi, A. Komatsu, K. Maki, S. Watabe, Y. Sumida, M. Kuwashima, H. Mizumoto, K. Sato and T. Hara (2017). “Hyperinsulinemic hypoglycemia in Beckwith-Wiedemann, Sotos, and Kabuki syndromes: A nationwide survey in Japan.” Am J Med Genet A 173(2): 360-367.
  • Okanishi, T., A. Fujimoto, H. Motoi, S. Kanai, M. Nishimura, T. Yamazoe, A. Takagi, T. Yamamoto and H. Enoki (2017). “Total corpus callosotomy for epileptic spasms after acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion (AESD) in a case with tuberous sclerosis complex.” Brain Dev 39(5): 431-434.
  • Ohashi, R., R. Fukazawa, M. Watanabe, K. Hashimoto, N. Suzuki, N. Nagi-Miura, N. Ohno, A. Shimizu and Y. Itoh (2017). “Characterization of a murine model with arteritis induced by Nod1 ligand, FK565: A comparative study with a CAWS-induced model.” Mod Rheumatol 27(6): 1024-1030.
  • Negishi, Y., Y. Shima, T. Takeshita and H. Takahashi (2017). “Distribution of invariant natural killer T cells and dendritic cells in late pre-term birth without acute chorioamnionitis.” Am J Reprod Immunol 77(6).
  • Narazaki, H., Y. Terada, K. Kaizu, T. Jitsukawa, Y. Ito and T. Asano (2017). “Therapeutic Drug Monitoring Simulator for Antibiotic Dosage for Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Sepsis in a Patient with Primary Immunodeficiency on Peritoneal Dialysis.” J Nippon Med Sch 84(4): 177-182.
  • Miyamae, T., S. Takei, Y. Itoh and H. Yamanaka (2017). “Survey of attitudes of non-pediatric rheumatologists among councilors of the Japan College of Rheumatology regarding transitional care.” Mod Rheumatol 27(6): 1047-1050.
  • Kawakami, Y. and Y. Itoh (2017). “Forced Normalization: Antagonism Between Epilepsy and Psychosis.” Pediatr Neurol 70: 16-19.
  • Kato, M., S. Ishimaru, M. Seki, K. Yoshida, Y. Shiraishi, K. Chiba, N. Kakiuchi, Y. Sato, H. Ueno, H. Tanaka, T. Inukai, D. Tomizawa, D. Hasegawa, T. Osumi, Y. Arakawa, T. Aoki, M. Okuya, K. Kaizu, K. Kato, Y. Taneyama, H. Goto, T. Taki, M. Takagi, M. Sanada, K. Koh, J. Takita, S. Miyano, S. Ogawa, A. Ohara, M. Tsuchida and A. Manabe (2017). “Long-term outcome of 6-month maintenance chemotherapy for acute lymphoblastic leukemia in children.” Leukemia 31(3): 580-584.Kanda, S., S. Horita, T. Yanagihara, A. Shimizu and M. Hattori (2017). “M-type phospholipase A2 receptor (PLA2R) glomerular staining in pediatric idiopathic membranous nephropathy.” Pediatr Nephrol 32(4): 713-717.
  • Grande Gutierrez, N., O. Shirinsky, N. Gagarina, G. Lyskina, R. Fukazawa, S. Ogawa, J. C. Burns, A. L. Marsden and A. M. Kahn (2017). “Assessment of Coronary Artery Aneurysms Caused by Kawasaki Disease Using Transluminal Attenuation Gradient Analysis of Computerized Tomography Angiograms.” Am J Cardiol 120(4): 556-562.
  • Fukazawa, R., T. Kobayashi, M. Mikami, T. Saji, K. Hamaoka, H. Kato, H. Suzuki, E. Tsuda, M. Ayusawa, M. Miura, R. Ebata, T. Kobayashi, M. Yashiro and S. Ogawa (2017). “Nationwide Survey of Patients With Giant Coronary Aneurysm Secondary to Kawasaki Disease 1999-2010 in Japan.” Circ J 82(1): 239-246.Asano, T., H. Narazaki and A. Fujita (2017). “Genome-wide DNA methylation profiling of CpG islands in a morpholino anthracycline derivative-resistant leukemia cell line: p38alpha as a novel candidate for resistance.” Pharmacol Res Perspect 5(1): e00285.

2017年 日本語論文

  • 竹下絵理, 高橋翼, 柳原剛 水腎は増悪するが閉塞性腎障害が進行しない巨大水腎症の2例  日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)13巻3号 Page136-139(2017.06) 原著論文/症例報告
  • 今井丈英 今日からはじめる小児のOSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)診療 小児のOSAS診断法 簡易検査からPSG検査まで 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)28巻1号 Page59-63(2017.06) 総説
  •  西田理子, 今井丈英, 竹田幸代, 高瀬真人, 鈴木美子, 加藤はる 中毒性巨大結腸症を呈した重症Clostridium difficile感染症の小児の1例 2017年5月

2017年 学会発表

国際学会

  • Ryuji Fukazawa, Yoshiaki Hashimoto, Makoto Watanabe, Kanae Tsuno, Koji Hashimoto, Miharu Akao, Mitsuhiro Kamisago, Yasuhiro Katsube. The 8th Japan-China-Korea Heart Foram, Hamamatsu, Japan, 2017 oral
  • Negishi Y, Shima Y, Takeshita T, Takahashi H Accumlation of dendritic cells and invariant natural killer T cells in the decidua of late preterm birth without acute chorioamnionitis. 37th Annual Meeting of the American Society for Reproductive Immunology (2017)  2017.9
  • Yasuhiko Itoh Validation of New Criteria in “The Guidance for Diagnosis of Sjögren’s Syndrome in Pediatric Patients” 2017 ACR/ARHP Annual Meeting 2017年9月18日
  • Masato Takase Crackles and Rhonchi with Postural Dependence in a 9-year-old Girl with Severe Mycoplasmal Pneumonia 第42回国際肺音学会 2017年9月

国内学会

シンポジウム

  • 山西愼吾 マクロファージ活性化症候群(MAS)の病態 第126回日本小児科学会 2017年4月

特別講演

  • 高瀬真人 長引く咳の治療戦略 本当に治療が必要な咳かを見極めよう 2017年10月
  • 高瀬真人 呼吸のフィジカルアセスメント 聴診所見の取り方など 2017年9月
  • 上砂光裕 ここまで知っておきたい発生学-遺伝子解析の基礎- 日本小児循環器学会第14回教育セミナー 2017年7月
  • 伊藤保彦 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 日本リウマチ学会評議員を対象とした小児期発症リウマチ性疾患の成人期移行診療についての成人リウマチ医の意識調査 日本リウマチ学会総会・学術集会 2017年3月
  • 深澤隆治 川崎病急性期の冠動脈瘤発生の機序と遠隔期における巨大瘤の問題点 第41回近畿川崎病研究会 大阪 帝人ホール 特別講演  2017年3月4日

一般演題

  • 板橋寿和 松果体原発Ganglioneuroblastomaの1例 第59回日本小児血液・がん学会 2017年11月
  • 板橋寿和 Comparison of related bone marrow with peripheral blood as a stem cell source for hematopoietic stem cell transplantation in  patients with hematopoietic malignancies : A retrospective cohort study of 70 patients in a single institute 第59回日本小児血液・がん学会 2017年11月
  • 橋本佳亮 肺生検結果と解離した経過をたどったPAHを伴うダウン症候群の1例 第6回 肺循環フロンティアTOKYO 2017年11月17日
  • 根岸靖幸, 島義雄, 竹下俊行, 高橋秀実 Role of innate immune cells in preterm birth and miscarriages induced by sterile inflammation in mice and humans. 第32回日本生殖免疫学会 2017.11
  • 根岸靖幸, 島義雄, 高橋秀実, 竹下俊行 後期早産脱落膜中に存在する樹状細胞の機能と絨毛膜羊膜炎の相関 第25回日本胎盤学会 2017.11
  • 松川昇平, 島義雄, 矢代健太郎, 佐野透美 NICUの転出・転入と地域の連携 第41回神奈川県新生児研究会 2017.11
  • 島義雄, 根岸靖幸, 竹下俊行, 高橋秀実 自然炎症としての後期早産 第62回日本新生児成育医学会 2017.10
  • 来住修, 熊坂栄, 赤羽洋祐, 島義雄 新生児型バーター症候群の一例 第62回日本新生児成育医学会 2017.10
  • 赤羽洋祐, 熊坂栄, 来住修, 寺田有佑, 島義雄 気道狭窄を合併した超低出生体重児についての検討 第62回日本新生児成育医学会 2017.10
  • 熊坂栄, 赤羽洋祐, 来住修, 島義雄 出生時における低亜鉛血症と周産期因子、特に周産期感染との関連 第62回日本新生児成育医学会 2017.10
  • 佐野透美, 島義雄, 松川翔平, 橋本愛子, 矢代健太郎 欠損孔に比して呼吸障害が軽度であった有嚢性横隔膜ヘルニアの1例 第62回日本新生児成育医学会 2017.10
  • 橋本佳亮, 橋本康司, 築野香苗, 渡邉誠, 阿部正徳, 赤尾見春, 勝部康弘, 深澤隆治 遠隔期に左冠動脈前下行枝閉塞をきたした川崎病冠動脈瘤の2例 日本川崎病学会総会・学術集会 2017年10月22日
  • 山西未穂, 楢崎秀彦, 北川泰之, 前田美穂, 伊藤保彦 複数の抗菌薬に過敏反応を示し薬剤選択に苦慮した急性血行性化膿性骨髄炎の10歳女児 第49回日本小児感染症学会 2017年10月
  • 山西愼吾 Ro抗体陰性のシェーグレン症候群と考えられた1女児例 第26回 シェーグレン症候群学会 2017年9月
  • 熊坂 栄, 一木邦彦, 赤羽洋祐, 来住修, 寺田有佑, 島義雄 構音障害を契機に診断を確定できたMoebius症候群の1例 第53回日本周産期・新生児医学会総会 2017年7月
  • 島義雄, 根岸靖幸, 竹下俊行, 高橋秀実 自然免疫から考える後期早産 第53回日本周産期・新生児医学会総会 2017.7
  • 矢代健太郎, 松川昇平, 橋本愛子, 松村好克, 島義雄 1歳を越えて肺高血圧クリーゼを発症した慢性肺疾患の超SGA児の1例 第53回日本周産期・新生児医学会総会 2017.7
  • 松川昇平, 橋本愛子, 矢代健太郎, 松村好克, 島義雄 2番染色体長腕部分欠失を認めた難知性てんかんの1例 第53回日本周産期・新生児医学会総会 2017.7
  • 来住修, 熊坂栄, 一木邦彦, 赤羽洋祐, 島義雄 産科クリニックで出生し沐浴後に急変した正期産児2例の検討 第53回日本周産期・新生児医学会総会 2017.7
  • 赤羽洋祐, 熊坂栄, 一木邦彦, 島義雄 日齢2のALTEを契機に診断に至った新生児期発症型MCAD欠損症の1例 第53回日本周産期・新生児医学会総会 2017.7
  • 築野香苗 生後45日に突然死をきたした2:1房室ブロックを合併した先天性QT延長症候群の一例 第53回日本小児循環器学会 2017年7月8日
  • 橋本佳亮 川崎病冠動脈瘤心筋血流評価におけるN-13アンモニアPETの有用性 日本小児循環器学会総会・学術集会 2017年7月8日
  • 橋本佳亮 遠隔期に左冠動脈前下行枝閉塞をきたした川崎病冠動脈瘤の2例 第6回 BUNKYO P.C.C. 2017年6月19日
  • 橋本佳亮 遠隔期に左冠動脈前下行枝閉塞をきたした川崎病冠動脈瘤の2例 関東川崎病研究会 2017年6月17日
  • 五十嵐徹, 林美雪, Pawankar Ruby, 山西愼吾, 田辺雄次郎, 竹下輝, 尾崎優介, 楢崎秀彦, 五十嵐勉, 伊藤保彦 ミルクアレルギーの乳児に4年間調整粉末大豆乳を使用し、大豆アレルギーを発症しない例 第66回日本アレルギー学会 2017年6月
  • 楊井瑛美 細動脈の壊死性動脈炎を伴った紫斑病性腎炎の13歳女児例 日本小児腎臓病学会 2017年
  • 橋本愛子, 島義雄, 松川昇平, 矢代健太郎 遺伝性間質性肺疾患を疑っている成熟児遷延性呼吸障害の1例 第40回神奈川県新生児研究会 2017.5
  • 尾崎優介 溶連菌感染後にネフローゼ症候群を呈した膜性増殖性糸球体腎炎Ⅰ型の女児例 第120回日本小児科学会 2017年4月
  • 山西愼吾, 田辺雄次郎, 尾崎優介, 竹下輝, 重盛朋子, 楢崎秀彦, 五十嵐徹, 伊藤保彦 トシリズマブ(TCZ)投与中のインフルエンザワクチン接種後に再燃した全身型若年者特発性関節炎(s-JIA)の1例 第61回日本リウマチ学会 2017年4月
  • 板橋寿和 小児のpoor mobilizerに対してプレリキサフォル (モゾビルR)を使用した経験 第104回埼玉小児血液同好会 2017年4月
  • 板橋寿和 ステロイド抵抗性急性GVHDに対してテムセルRHS注を投与した2例 第39回日本造血幹細胞移植学会 2017年3月
  • 楢崎秀彦, 岡崎充宏, 大濱侑季, 佐藤智明, 森屋恭爾, 浅野健, 伊藤保彦 マクロライド耐性遺伝子erm(39)陽性のMycobacterium fortuitumによる皮下膿瘍の1男児例 第14回東京小児感染免疫懇話会 2017年2月
  • 杉本諒司, 根井貴仁, 権藤岳, 伊藤寿彦, 須藤悦宏, 金竜, 楢崎秀彦, 泉谷秀昌 主治医を感激させた微生物検査-検査技師の知識・経験と第六感-」part 3 血液培養から分離された塗抹鏡検像が物議を醸した化膿性脊椎炎の1例 第28回日本臨床微生物学会 2017年2月

2017年 書籍

  • 田嶋華子 症例で学ぶ栄養学(分担)建帛社  20173
  • Fukazawa R: Part IV Diagnosis and Examinations, Promising Biomarkers in Kawasaki Disease and Acute Coronary Ischemia, Kawasaki Disease (Saji BT, Newburger JW, Burns JC, Takahashi M)  p311-319, Springer 2016,

2017年 雑誌 等

  • 前田美穂 【小児臨床検査のポイント2017】血液生化学検査 蛋白、膠質反応および関連物質 フェリチン、トランスフェリン、Fe、TIBC 小児内科(0385-6305)49巻増刊 Page186-189(2017.11) 解説/特集
  • 海津聖彦, 浅野健 【小児臨床検査のポイント2017】血液凝固・線溶系検査 循環抗凝血素 小児内科(0385-6305)49巻増刊 Page130-132(2017.11) 解説/特集
  • 藤田敦士 【正しく指示する 食事指導・食事療法】鉄欠乏性貧血 小児科(0037-4121)58巻12号 Page1455-1461(2017.11) 解説/特集
  • 柳原剛 【小児科領域のクリニカルパス】腎・泌尿器疾患 小児科(0037-4121)58巻11号 Page1307-1313(2017.10) 解説/特集
  • 松本多絵 子どもの渡航医学(第5回) 発達障害のある子どもとの渡航 チャイルド ヘルス(1344-3151)20巻10号 Page786-787(2017.10) 解説
  • 高瀬真人 【診療の「コツ」を伝える-先輩からのアドバイス】診察のコツ 聴診 何を聴くか、どう聴くか 幼児の胸部聴診 深呼吸のさせ方、泣く子の聴診、聴診音の記載の仕方 小児内科(0385-6305)49巻9号 Page1277-1280(2017.09) 解説/特集
  • 植田高弘 【日常生活にひそむ小児血液・腫瘍性疾患】赤血球、血小板の異常 小球性貧血 小児科診療(0386-9806)80巻10号 Page1163-1168(2017.10) 解説/特集
  • 松本多絵 子どもの渡航医学(第4回) 山・海での注意点 チャイルド ヘルス(1344-3151)20巻9号 Page698-701(2017.09) 解説
  • 前田美穂 【急性リンパ芽球性白血病(ALL)の病態と診療-最近の展開】小児ALLに対する造血幹細胞移植 晩期合併症とその対策 血液内科(2185-582X)75巻3号 Page309-315(2017.09) 解説/特集
  • 山西愼吾 【小児リウマチ性疾患の最近の知見】JIAの鑑別診断 リウマチ科 58巻3号 (2017.09) 解説/特集
  • 山西愼吾 【自己炎症疾患の臨床と最新の知見】自己炎症疾患におけるカナキヌマブの役割 リウマチ科 58巻3号 (2017.09) 解説/特集
  • 右田真【実り始めた再生医療・遺伝子治療】遺伝子治療の歩み 小児内科(0385-6305)49巻7号 Page931-935(2017.07) 解説/特集
  • 高瀬真人 小児の肺聴診を見直す もっと聴診器を活用するコツ 小児科(0037-4121)58巻6号 Page583-588(2017.06) 解説
  • 松本多絵 子どもの渡航医学(第1回) 子どもの発達と渡航 チャイルド ヘルス(1344-3151)20巻6号 Page448-450(2017.06) 解説
  • 柳原剛, 後藤 芳充, 本田 雅敬, 村上 睦美 学校検尿に関する全国調査結果(第二報) データ編 小児保健研究(0037-4113)76巻1号 Page93-99(2017.01) 解説
  • 前田美穂 【白血病診療の実際-最新の診断と治療】白血病治療後の晩期合併症とサバイバーシップ 小児の場合を中心に 日本医師会雑誌(0021-4493)145巻12号 Page2605-2609(2017.03) 解説/特集
  • 前田美穂 思春期の健康障害の診療 学校保健との連携 思春期の貧血 思春期学(0287-637X)35巻1号 Page67-71(2017.03) 解説
  • 早川潤 【貧血学-最新の診断・治療動向-】溶血性貧血 先天性溶血性貧血の診断・治療 ヘモグロビン異常症(サラセミア・鎌状赤血球症) 日本臨床(0047-1852)75巻増刊1 貧血学 Page467-471(2017.01) 解説/特集
  • 前田美穂 学校検診をめぐって 学校における貧血検診の現状と今後の展望 小児保健研究(0037-4113)75巻6号 Page725-727(2016.11) 解説
  • 今井丈英, 高瀬真人 【膠原病治療薬と感染症】ニューモシスチス肺炎 小児科(0037-4121)58巻1号 Page43-47(2017.01) 解説/特集
  • 前田美穂 【移行期医療~小児期から成人期への円滑な橋渡しを目指して~】小児がん 医薬ジャーナル(0287-4741)53巻1号 Page69-74(2017.01) 解説/特集
  • 深澤隆治, 小川俊一 【小児循環器のファーストタッチから専門診療へ】主要症候に対するファーストタッチ 心音の異常・心雑音 小児科診療(0386-9806)80巻1号 Page19-26(2017.01) 解説/特集

2016年 英語論文

  • Onouchi, Y., R. Fukazawa, K. Yamamura, H. Suzuki, N. Kakimoto, T. Suenaga, T. Takeuchi, H. Hamada, T. Honda, K. Yasukawa, M. Terai, R. Ebata, K. Higashi, T. Saji, Y. Kemmotsu, S. Takatsuki, K. Ouchi, F. Kishi, T. Yoshikawa, T. Nagai, K. Hamamoto, Y. Sato, A. Honda, H. Kobayashi, J. Sato, S. Shibuta, M. Miyawaki, K. Oishi, H. Yamaga, N. Aoyagi, M. Yoshiyama, R. Miyashita, Y. Murata, A. Fujino, K. Ozaki, T. Kawasaki, J. Abe, M. Seki, T. Kobayashi, H. Arakawa, S. Ogawa, T. Hara, A. Hata and T. Tanaka (2016). “Variations in ORAI1 Gene Associated with Kawasaki Disease.” PLoS One 11(1): e0145486.
  • Keino, D., A. Kinoshita, D. Tomizawa, H. Takahashi, K. Ida, H. Kurosawa, K. Koike, S. Ota, N. Iwasaki, J. Fujimura, Y. Yuza, C. Kiyotani, S. Yamamoto, T. Osumi, T. Ueda, S. Mochizuki, K. Isoyama, R. Hanada, A. Tawa, A. Manabe, Y. Toguchi and A. Ohara (2016). “Residual disease detected by multidimensional flow cytometry shows prognostic significance in childhood acute myeloid leukemia with intermediate cytogenetics and negative FLT3-ITD: a report from the Tokyo Children’s Cancer Study Group.” Int J Hematol 103(4): 416-422.
  • Yoshio Shima, Makoto Migita Prenatal Detection of Peters’ Plus Syndrome in a Patient with No Known Family History J Nippon Med Sch 83(3); 130-132.
  • Baba, A., Y. Kawakami, K. Saito, Y. L. Murashima and Y. Itoh (2016). “Effects of Edaravone on Hippocampal Antioxidants in EL Mice.” J Nippon Med Sch 83(3): 100-106.
  • Abe, M., R. Fukazawa, S. Ogawa, M. Watanabe, Y. Fukushima, T. Kiriyama, H. Hayashi and Y. Itoh (2016). “Usefulness of Single Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography Fusion-Hybrid Imaging to Evaluate Coronary Artery Disorders in Patients with a History of Kawasaki Disease.” J Nippon Med Sch 83(2): 71-80.

2016年 日本語論文

  • 浅野健 低身長を主訴に受診した患児・家族の受診のきっかけに関するアンケート調査 小児保健研究(0037-4113)75巻6号 Page828-832(2016.11) 原著論文
  • 山西愼吾 乳幼児早期の腸内細菌叢が免疫システムに及ぼす影響 日本小児科学会雑誌(0001-6543)120巻11号 Page1587-1596(2016.11) 総説
  • 田嶋華子,根本晴子,佐々木元子,伊藤保彦 乳歯早期脱落を機に受診し低ホスファターゼ症(歯限局型)と診断した1例 日本小児科学会雑誌 120(11) 1696-1696 201611月(2016.11) 症例報告
  • 橋本佳亮 根治術を目指しているTOF/PAの一例 第22回東京循環器小児科治療Agora 2016年9月10日
  • 橋本佳亮 難治性川崎病においてInfliximabを使用した症例におけるサイトカイン・サイトカイン受容体プロファイリング日本川崎病学会総会・学術集会 2016年9月30日
  • 深澤隆治 内山論文に対するEditorial Comment 心臓(0586-4488)48巻8号 Page952(2016.08) コメント
  • 橋本佳亮 多源性心房頻拍のコントロールに難渋したCostello症候群の一例 日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年7月6日
  • 橋本佳亮 Infliximabの使用後に副反応を呈した1例 関東川崎病研究会 2016年6月11日
  • 柳原剛 3歳児検尿と尿異常 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)12巻3号 Page86-91(2016.06) 原著論文
  • 上田美希, 勝部康弘, 星野レイ, 徐東博, 田嶋華子, 赤尾見春, 海津聖彦, 柳原剛 高ガラクトース血症を契機に診断された肝内門脈-肝静脈シャントおよび肝内血管腫の1例 小児科臨床(0021-518X)69巻8号 Page1397-1402(2016.08) 症例報告
  • 吉野美緒, 重村朋子, 高田治樹, 市村美帆, 稲本絵里, 川尻泰樹, 増野智彦, 松井豊, 横田裕行 病院前救急診療活動に従事する医師の外傷性ストレスに関する研究 トラウマティック・ストレス(1348-0944)14巻1号 Page63-72(2016.06) 原著論文
  • 深澤隆治 川崎病冠動脈病変に対する光干渉撮像法(OCT)の有用性 日本小児循環器学会雑誌(0911-1794)32巻3号 Page230-231(2016.05) コメント
  • 今井丈英 小児呼吸器疾患におけるステロイド薬の使い方 小児呼吸器感染症における副腎皮質ステロイド薬の使い方 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)27巻1号 Page85-90(2016.06) 総説

2016年 学会発表

国内学会

シンポジウム

  • 深澤隆治 10 年以上経過した川崎病冠動脈のIVUS およびOCT での比較 第36回日本川崎病学会・学術集会 2016年10月 横浜
  • 深澤隆治 冠動脈血流・心筋虚血のシミュレーション 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月東京
  • 上砂光裕 心筋症の遺伝子解析に基づく原因と病態解明 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月東京
  • 深澤隆治, 赤尾見春, 渡邉誠, 橋本佳亮, 阿部正徳, 上砂光裕, 勝部康弘, 小川俊一 成人期に達した川崎病冠動脈後遺症を有する患者のQOL 第119回日本小児科学会学術集会 札幌 2016 5月

特別講演

  • 深澤隆治 川崎病動脈瘤発生機序と成人期における問題点 第22回多摩川フォーラム 渋谷エクセル東急 特別講演  2016年11月4日
  • 深澤隆治 川崎病急性期における動脈瘤発生の機序と巨大瘤の遠隔期の管理について 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 東京 ランチョンセミナー  2016年 7月
  • 高瀬真人 やってみたい小児肺機能検査 第119回日本小児科学会 2016年5月
  • 島義雄 あらためて考える臍帯血ガス分析 第68回日本産婦人科学会学術講演会 2016.4

一般演題

  • 鈴木たまほ, 熊坂栄, 一木邦彦, 赤羽洋祐, 寺田有佑, 島義雄 早産・超低出生体重児で出生した14番染色体長腕部分トリソミーの1例 第61回日本新生児成育医学会 2016.12
  • 佐藤三恵子, 熊坂栄, 一木邦彦, 寺田有佑, 島義雄 聴性脳幹反応(ABR)の潜時の経時的変化 第61回日本新生児成育医学会 2016.12
  • 板橋寿和 神経線維腫症1型患者に発症したS状結腸間膜由来悪性末梢神経鞘腫 2016年11月
  • 板橋寿和 小児再発難治性急性骨髄性白血病に対する分割ゲムツズマブオゾガマイシン投与の有効性と安全性 第59回日本小児血液・がん学会 2016年11月
  • 五十嵐徹, 尾崎優介, 竹下輝, 田辺雄次郎, 重盛朋子, 山西愼吾, 楢崎秀彦, 伊藤保彦 児童文学としての『やさしさの坂道』から学ぶ関節型若年性特発性関節炎 第26回日本小児リウマチ学会 2016年10月
  • 田辺雄次郎, 山西愼吾, 竹下輝, 尾崎優介, 楢崎秀彦, 五十嵐徹, 伊藤保彦 肝臓に限局したマクロファージ活性化症候群を合併した全身型若年性特発性関節炎の1例 第26回日本小児リウマチ学会 2016年10月
  • 西田理子, 今井丈英, 高瀬真人 閉塞性睡眠時無呼吸に対して内科的治療によってアデノイド肥大の改善を図った2歳未満の小児2例の経過 第49回日本小児呼吸器学会 2016年10月
  • 松本多絵 一般小児科におけるHCV母子感染フォロー  第86回日本感染症学会 西日本地方会/第59回日本感染症学会 中日本地方会/第64回日本化学療法学会 西日本支部 2016年 9月
  • 橋本佳亮, 渡邉誠, 深澤隆治, 小川俊一 多源性心房頻拍のコントロールに難渋したCostello症候群の一例 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月
  • 吉野美緒, 小華和さやか, 渡邉誠, 深澤隆治, 小川俊一 Bayley-Ⅲを用いた先天性心疾患児の精神神経発達の評価と支援 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月
  • 鈴木伸子, 深澤隆治, 橋本佳亮, 渡邉誠, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 阿部正徳, 三浦典子, 大野尚仁, 小川俊一 Candida Albicans Water Soluble Fractionによるマウス川崎病血管炎モデルにおいて Tumor Necrosis Factor Alphaは中心的役割を果たす 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月
  • 赤尾見春, 勝部康弘, 上砂光裕, 橋本佳亮, 橋本康司, 渡邉誠, 阿部正徳, 池上英, 深澤隆治, 小川俊一 ペントラキシン3と小林スコア併用による川崎病難治例予測 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月
  • 渡邉誠, 深澤隆治, 阿部正徳, 赤尾見春, 池上英, 上砂光裕, 勝部康弘, 小川 俊一 高流量性肺高血圧における末梢肺動脈の組織像と臨床所見の相関性の検討 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月
  • 渡邉誠, 深澤隆治, 阿部正徳, 赤尾見春, 池上英, 上砂光裕, 勝部康弘, 小川俊一 冠動脈血管内超音波( IVUS)と光干渉断層法( OCT)による川崎病後冠動脈障害における血管壁の検討 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会 2016年 7月
  • 松川昇平, 島義雄, 横山愛子, 矢代健太郎, 松村好克 慢性肺疾患に肺高血圧を合併した超早産児の2例 第9回神奈川小児肺高血圧研究会 2016.10
  • 一木邦彦, 熊坂栄, 赤羽洋祐, 島義雄, 佐藤恭弘 タンデムマスを契機にビオチン欠乏の診断に至った超低出生体重児の一例 第52回日本周産期・新生児医学会総会 2016.7
  • 松村好克, 矢代健太郎, 横山愛子, 松川昇平, 島義雄, 深見武彦, 松島隆, 米山剛一, 竹下俊行 当院における未受診妊婦の検討 第52回日本周産期・新生児医学会総会 2016.7
  • 矢代健太郎, 松村好克, 松川昇平, 横山愛子, 右田真, 島義雄 T-RFLP法を用いた早産児の腸内細菌叢の多様性に対する検討 第52回日本周産期・新生児医学会総会 2016.7
  • 赤羽洋祐, 熊坂栄, 一木邦彦, 島義雄, 岡和田学, 山高篤行 胎児診断が両側水腎症であった重複尿道・後部尿道狭窄の一例 第52回日本周産期・新生児医学会総会 2016.7
  • 楊井瑛美, 柳原剛, 平山恒憲, 徐東博, 吉崎薫, 伊藤保彦 ダウン症候群にみられる先天性腎尿路奇形 日本小児腎臓病学会 2016
  • 楢崎秀彦, 伊藤保彦 明らかな先行する溶連菌感染・リウマチ熱症状なく溶連菌感染後心臓弁膜症を呈した2例 第60回日本リウマチ学会 2016年4月
  • 田嶋華子 乳歯早期脱落を機に受診し、低ホスファターゼ症(歯限局型)と診断した1例 日本小児科学会東京都地方会講和会 2016年3月
  • 赤羽洋祐, 熊坂栄, 一木邦彦, 楊井瑛美, 島義雄 当院NICU・GCU職員の 百日咳発症への対応 第634回小児科学会東京地方会 2016.1
  • 楊井瑛美, 熊坂栄, 一木邦彦, 赤羽洋祐, 島義雄 胎児期より脳室拡大と脳梁欠損を認めた、ピルビン酸脱水素酵素複合体(PDHC)欠損症の女児例  第634回小児科学会東京地方会 2016.1

2016年 書籍

  • 山西愼吾 ヒトマイクロバイオーム研究最前線 : 常在菌の解析技術から生態、医療分野、食品への応用研究まで(分担) エヌ・ティー・エス 2016年

2016年 雑誌 等

  • 楢崎秀彦, 伊藤保彦 【小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき】免疫 全身性エリテマトーデスと免疫抑制薬 小児科(0037-4121)57巻13号 Page1684-1685(2016.12) 解説/特集
  • 山西愼吾, 伊藤保彦 【小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき】免疫 全身性エリテマトーデスとステロイド内服薬 小児科(0037-4121)57巻13号 Page1682-1683(2016.12) 解説/特集
  • 海津聖彦 【小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき】血液 特発性血小板減少症と免疫抑制薬 小児科(0037-4121)57巻13号 Page1672-1673(2016.12) 解説/特集
  • 海津聖彦 【小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき】血液 特発性血小板減少症とステロイド薬 小児科(0037-4121)57巻13号 Page1670-1671(2016.12) 解説/特集
  • 海津聖彦 【小児日常診療でその薬を使うとき・使うべきでないとき】血液 特発性血小板減少症と免疫グロブリン製剤 小児科(0037-4121)57巻13号 Page1668-1669(2016.12) 解説/特集
  • 島義雄 周産期医学必修知識第8版【新生児編】Ⅴ疾患 周産期医学増刊号 46巻P632-634 解説/特集
  • 阿部正徳, 深澤隆治 【慢性疾患児の一生を診る】循環器疾患 川崎病に合併した冠動脈後遺症 小児内科(0385-6305)48巻10号 Page1484-1487(2016.10) 解説/特集
  • 前田美穂 【思春期の悪性腫瘍治療と妊孕性】思春期に好発する悪性腫瘍と治療戦略 小児科領域 悪性腫瘍の治療が妊孕性に及ぼす影響 思春期学(0287-637X)34巻3号 Page303-306(2016.09) 解説/特集
  • 植田高弘 【血球の増加と減少】赤血球 貧血 栄養性貧血 小児内科(0385-6305)48巻7号 Page1004-1008(2016.07) 解説/特集
  • 藤田敦士 【血球の増加と減少】赤血球 赤血球産生・維持の制御 小児内科(0385-6305)48巻7号 Page985-989(2016.07) 解説/特集
  • 前田美穗 【専門外来とクリニックの連携(非在宅医療分野)】小児がん患者の治療後の外来フォローアップ 東京小児科医会報(0287-3613)35巻1号 Page12-16(2016.07) 解説/特集
  • 柳原剛 【腎と透析診療指針2016】(第1章)検査 学校検尿 腎と透析(0385-2156)80巻増刊 Page38-41(2016.06) 解説/特集
  • 小川俊一 臨床からの疑問に対する基礎および臨床研究からの答え 心筋細胞興奮収縮連関のdevelopmental changeと病的血管のmechanobiology 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)12巻2号 Page46-48(2016.04) 解説
  • 小川俊一 【もっと知りたい!川崎病】川崎病の臨床所見と診断基準 臨床検査(0485-1420)60巻6号 Page592-599(2016.06) 解説/特集
  • 林美雪 【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】アレルギー性疾患 食物アレルギー 魚介類アレルギー 日本臨床(0047-1852)別冊免疫症候群II Page355-361(2016.01) 解説/特集
  • 林美雪, ルビー・パワンカール 【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】アレルギー性疾患 食物アレルギー 大豆アレルギー 日本臨床(0047-1852)別冊免疫症候群II Page334-340(2016.01) 解説/特集
  • 早川潤  Ⅴ溶血性貧血 2.先天性溶血性貧血の診断・治療 ヘモグロビン異常症(サラセミア・鎌状赤血球症)増刊号 貧血学 P467-472, 日本臨床社  2016 解説/特集

2015年 英語論文

  • Yokota, S., Y. Itoh, T. Morio, N. Sumitomo, K. Daimaru and S. Minota (2015). “Macrophage Activation Syndrome in Patients with Systemic Juvenile Idiopathic Arthritis under Treatment with Tocilizumab.” J Rheumatol 42(4): 712-722.
  • Yanagihara, T., R. Hamada, K. Ishikura, O. Uemura, T. Matsuyama, S. Takahashi and M. Honda (2015). “Urinary screening and urinary abnormalities in 3-year-old children in Japan.” Pediatr Int 57(3): 354-358.
  • Yamanishi, M., H. Narazaki and T. Asano (2015). “Melatonin overcomes resistance to clofarabine in two leukemic cell lines by increased expression of deoxycytidine kinase.” Exp Hematol 43(3): 207-214.
  • Shigemori, T., A. Sakai, T. Takumi, Y. Itoh and H. Suzuki (2015). “Altered Microglia in the Amygdala Are Involved in Anxiety-related Behaviors of a Copy Number Variation Mouse Model of Autism.” J Nippon Med Sch 82(2): 92-99.
  • Pawankar, R., M. Hayashi, S. Yamanishi and T. Igarashi (2015). “The paradigm of cytokine networks in allergic airway inflammation.” Curr Opin Allergy Clin Immunol 15(1): 41-48.
  • Miyatake, C., S. Koizumi, H. Narazaki, T. Asano, H. Osaka, K. Kurosawa, J. Takanashi and O. Fujino (2015). “Clinical pictures in Pelizaeus-Merzbacher disease: a report of a case.” J Nippon Med Sch 82(2): 74-75.
  • Motohiro Kato, Atsushi Manabe, Sae Ishimaru, Masafumi Seki, Kenichi Yoshida, Daisuke Tomizawa, Daisuke Hasegawa, Takeshi Inukai, Yuki Arakawa, Takahiro Aoki, Mayuko Okuya, Kiyohiko Kaizu, Keisuke Kato, Yuichi Taneyama, Seishi Ogawa, Katsuyoshi Koh, Masahiro Tsuchida, Akira Ohara(2015). “Long-term outcome of six months maintenance chemotherapy for ALL in children: TCCSG L92-13E study.” J. Clinical Oncology 33(15)
  • Kawakami, Y., T. Okazaki, M. Takase, O. Fujino and Y. Itoh (2015). “A Girl with Idiopathic Epilepsy Showing Forced Normalization after Levetiracetam Administration.” J Nippon Med Sch 82(5): 250-253.
  • Imai, T. and M. Takase (2015). “Normative Data and Predictive Equation of Interrupter Airway Resistance in Preschool Children in Japan.” J Nippon Med Sch 82(4): 180-185.
  • Hattori, M., M. Sako, T. Kaneko, A. Ashida, A. Matsunaga, T. Igarashi, N. Itami, T. Ohta, Y. Gotoh, K. Satomura, M. Honda and T. Igarashi (2015). “End-stage renal disease in Japanese children: a nationwide survey during 2006-2011.” Clin Exp Nephrol 19(5): 933-938.
  • Yael R Nobel, L.Cox, F.Kirigin, N.Bokulich, S. Yamanishi, I.Teitler, J.Chung, J.Sohn, C.Barber, D.Goldfarb, K.Raju, S.Abubucker, Y.Zhou, V.Ruiz, H.Li, M.Mitreva, A.Alekseyenko, G.Weinstock, E.Sodergren, M.Blaser. Metabolic and metagenomic outcomes from early-life pulsed antibiotic treatment.  Nat Commun. 2015;6:7486.
  • Asano, T., H. Narazaki, K. Kaizu, S. Matsukawa, Y. Takema-Tochikubo, S. Fujii, N. Saitoh, K. Mashiko and O. Fujino (2015). “Neglect-induced pseudo-thrombotic thrombocytopenic purpura due to vitamin B12 deficiency.” Pediatr Int 57(5): 988-990.
  • Asano, T., H. Narazaki, K. Kaizu, K. Kuwabara, O. Fujino and Y. Itoh (2015). “Seronegative Antiphospholipid Syndrome with Anti-phosphatidylethanolamine Antibody in a Boy.” J Nippon Med Sch 82(2): 117-120.

2015年 日本語論文

  • 高瀬 真人 【乳幼児の喘鳴を鑑別する】乳幼児の喘鳴を鑑別するために必要な肺聴診の知識 日本医事新報(0385-9215)4776号 Page37-41(2015.11) 解説/特集
  • 高瀬 真人 【小児気管支喘息ガイドライン(JPGL)の再評価と展望】日本小児呼吸器学会からみたJPGLの再評価と展望 アレルギー・免疫(1344-6932)22巻8号 Page1064-1070(2015.07) 解説/特集
  • 高瀬 真人 乳幼児喘息のより良い診療を目指して ガイドライン2016年改訂に向けて ウイルス性喘鳴と喘息の鑑別 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)26巻1号 Page99-103(2015.06) 総説
  • 高瀬 真人 古くて新しい聴診 基礎から最新の肺音研究 肺聴診の基本と小児における実践的活用 ビデオを用いた聴診教育プログラム 日本小児アレルギー学会誌(0914-2649)29巻1号 Page54-57(2015.03) 解説
  • 岡部 俊成, 飛田 正俊, 竹田 幸代, 高瀬 真人 保育園における水痘流行時のワクチン接種児と非接種児との臨床的比較 質問紙調査より 小児保健研究(0037-4113)74巻1号 Page130-135(2015.01) 原著論文/比較研究

2015年 学会発表

国際学会

  • Gutierrez NG, Kahn AM, Shirinsky O, Lyskina GA, Fukazawa R, Ogawa S, Burns JC, Marsden AL. Thrombotic Risk Assessment in Kawasaki Disease Patients with Coronary Artery Aneurysms using Transluminal Attenuation Gradient Analysis. International Kawasaki Disease Symposium Honolulu, USA 2015 poster
  • Fukushima N, Miura M, Kobayashi T, Fuse S, Saji T, Yamagishi H, Kato T, Hamaoka K, Nomura Y, Fukazawa R, Kato H, Hirono K, Suda K. Estimation of the severity of coronary artery aneurysm by Z-score of the internal diameter in Kawasaki Disease.  International Kawasaki Disease Symposium Honolulu, USA 2015, poster
  • Fukazawa R, Hamaoka K, Saji T, Kato H, Suzuki E, Tsuda E, Ayusawa M, Miura M, Kobayashi T, Ogawa S: Fate of Kawasaki disease giant coronary aneurysm: Analysis of the last 10 years nationwide survey in Japan. International Kawasaki Disease Symposium Honolulu, USA 2015, oral presentation

国内学会

一般演題

  • 白石達典, 松川昇平, 横山愛子, 松村好克, 矢代健太郎, 島義雄 当院で経験した品胎妊娠の4例 第37回神奈川県新生児研究会 2015.11
  • 松川昇平, 横山愛子, 松村好克, 矢代健太郎, 島義雄 長期降圧剤使用によると考えられた一過性羊水過少の一例 第37回神奈川県新生児研究会 2015.11
  • 根岸靖幸, 島義雄, 高橋秀実, 竹下俊行 中期~後期早産発来機転における樹状細胞の役割 第23回日本胎盤学会 2015.11
  • 鈴木伸子, 深澤隆治, 渡邉誠, 橋本佳昭, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 小川俊一 TNFはCandida Albicans Water Soluble Fractionによる血管炎を惹起するために必須である 第35回日本川崎病学会・学術集会 2015年10月
  • 橋本佳昭, 深澤隆治, 渡邉誠, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 小川俊一 初期ステロイド併用療法に対する予測因子の検討 第35回日本川崎病学会・学術集会 2015年10月
  • 深澤隆治, 渡邉誠, 橋本佳昭, 赤尾見春, 上砂光裕, 勝部康弘, 小川俊一 光干渉断層報(OCT)による川崎病冠動脈後遺症例の血管壁の検討 第35回日本川崎病学会・学術集会 2015年10月
  • 尾崎優介,‌ 山西愼吾, ‌田辺雄次郎,‌ 竹下輝,‌  五十嵐徹,‌ 伊藤保彦 mPSLパルス、MTX、IVCY、IVIGで寛解導入した難治性若年性皮膚炎 2015年10月
  • 松本多絵 内科的コントロールが困難な尿路感染に外科的介入を要した水腎、巨大尿管の1乳児例 第85回日本感染症学会西日本地方会 2015年10月
  • 深澤隆治, 渡邉誠, 橋本佳昭, 池上英, 赤尾見春, 阿部正徳, 上砂光裕, 勝部康弘, 三浦典子, 大野尚人, 小川俊一 Candida Albicans Water Soluble Fraction(CAWS)血管炎川崎病モデルと川崎病との類似点・相違点の検証 第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 2015年7月
  • 橋本佳亮, 竹下輝, 渡邉誠, 深澤隆治, 小川俊一 サイトカインプロファイリングが鑑別に有用であった関節痛を伴う川崎病の2例 日本小児循環器学会総会・学術集会 2015716
  • 熊坂栄 局所酸素化モニタリングを利用した未熟児貧血に対する治療介入の判断 第52回日本周産期・新生児医学会総会 2015年7月
  • 山西愼吾, 五十嵐徹, 田辺雄次郎, 楊井瑛美, 柳原剛, 泉維昌, 村上卓, 本山景一, 齊藤博大, 小池和俊, 小笠原敦子, 大橋隆治, 清水章, 伊藤保彦 Noonan syndrome with loose anagen hair(NS/LAH)にSLEが合併した1男児例 第51回日本小児腎臓病総会・学術集会 2015年7月
  • 松村好克, 島義雄, 松川昇平, 矢代健太郎 無呼吸発作を契機に診断された脊椎肋骨異形成症の一例 第51回日本周産期・新生児医学会総会 2015.7
  • 熊坂栄, 寺田有佑, 横山愛子, 草野泰造, 島義雄 局所酸素化モニタリングを利用した未熟児貧血に対する治療介入の判断 第51回日本周産期・新生児医学会総会 2015.7
  • 草野泰造, 熊坂栄, 横山愛子, 寺田有佑, 島義雄 出生前診断された先天性鼻涙管嚢胞の2例 第51回日本周産期・新生児医学会総会 2015.7
  • 寺田有侑, 熊坂栄, 横山愛子, 島義雄 HPA-3a抗原不適合新生児同種免疫性血小板減少症の一例 第51回日本周産期・新生児医学会総会 2015.7
  • 楊井 瑛美, 田辺 雄次郎, 尾崎 優介, 竹下 輝, 山西 慎吾, 五十嵐 徹, 清水章, 伊藤 保彦 ステロイド治療が奏功したが腎生検で巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)tip variantと診断されたネフローゼ症候群の1例 日本小児科学会東京都地方会 2015年
  • 田嶋華子 劇症型糖尿病の5歳女児例 関東小児糖尿病フォーラム 2015年
  • 尾崎優介, ‌山西愼吾, ‌田辺雄次郎, ‌竹下輝,‌ 五十嵐徹, ‌伊藤保彦 治療に難渋しているOverlap syndoromeの小児例 第59回日本リウマチ学会 2015年4月
  • 楢崎秀彦, 寺田有佑, 海津聖彦, 實川東洋, 伊藤保彦, 浅野健 原発性免疫不全患者のMRSA敗血症に対し薬物動態シミュレーターが有用だった1例(Usefulness of pharmacokinetics simulator for MRSA sepsis immunodeficient patient) 第118回日本小児科学会 2015年4月
  • 藤井秀一, 川上康彦,牛腸義宏, 竹田幸代, 松本多絵, 橋本佳亮, 高瀬眞人 軽微な神経症状で経過し、脳梗塞様のMRI所見を呈した単純ヘルペス脳炎の早期乳児例 第118回日本小児科学会 2015年4月
  • 根岸靖幸, 島義雄, 西田直子, 朝倉啓文, 高橋秀実, 竹下俊行 早産発来機転におけるDEC-205陽性樹状細胞の役割 第67回日本産婦人科学会学術講演会 2015.4

2015年 書籍

  • 村上智明, 青塚裕之, 石川司朗, 石川友一, 小川俊一, 佐地勉, 白石公, 武田充人, 中島弘道, 中西敏雄, 中山智孝, 深澤隆治, 小林徹, 和泉徹, 坂本喜三郎, 中川雅生, 中沢誠 日本小児循環器学会 小児心不全薬物治療ガイドライン(平成27年改訂版)
  • 深澤隆治 小児疾患診療のための病態整理2 改定第5版 VIII リウマチ性疾患とその周辺疾患:川崎病 p879-885、東京医学社、東京、2015
  • 深澤隆治 今日の小児治療指針 第16版(総編集、水口 雅、市橋 光、崎山 弘)9免疫疾患、膠原病 川崎病(冠動脈病変を除く) p286-289、医学書院、東京、2015
  • 深澤隆治 小児科臨床ピクシス9 川崎病のすべて(五十嵐隆総編集、石井正浩専門編集)第6章心臓血管後遺症 巨大冠動脈瘤:抗凝固療法 p152-155、中山書店、東京、2015
  • 深澤隆治 小児科臨床ピクシス9 川崎病のすべて(五十嵐隆総編集、石井正浩専門編集)第6章心臓血管後遺症 巨大冠動脈瘤:自然歴 p150-151、中山書店、東京、2015

2015年 雑誌 等

  • 深澤隆治 【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版】リウマチ性疾患とその周辺疾患 川崎病 小児内科(0385-6305)47巻増刊 Page879-885(2015.11) 解説/特集
  • 山西愼吾, 伊藤保彦 【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版】リウマチ性疾患とその周辺疾患 リウマチ熱、溶連菌感染後反応性関節炎 小児内科(0385-6305)47巻増刊 Page844-849(2015.11) 解説/特集
  • 山西愼吾, 伊藤保彦 【膠原病に伴う循環器疾患】抗Ro抗体と新生児心ブロック 呼吸と循環(0452-3458)63巻11号 Page1057-1062(2015.11) 解説/特集
  • 島義雄 早産児の慢性肺疾患の臨床 小児科 56巻P1637-1643
  • 植田高弘 【血液内科診療の展望】小児白血病治療の現状と展望 日本医科大学医学会雑誌(1349-8975)11巻4号 Page181-186(2015.10) 解説/特集
  • 島義雄 【新生児医療-再評価されている話題・新しい話題】早産児の慢性肺疾患の臨床 小児科(0037-4121)56巻10号 Page1637-1643(2015.09) 解説/特集
  • 林美雪, Pawankar Ruby 【アレルギー疾患の原因と治療】気道アレルギー 医学と薬学(0389-3898)72巻9号 Page1455-1464(2015.08) 解説/特集
  • 高瀬真人 【子どもの咳と喘鳴】咳・喘鳴の診察と検査の進め方 小児科(0037-4121)56巻8号 Page1025-1030(2015.08) 解説/特集
  • 五十嵐徹 若年性特発性関節炎(JIA)における新しい生物学的製剤 リウマチ科(0915-227X)54巻1号 Page120-124(2015.07) 解説
  • 林美雪 日本アレルギー学会「アナフィラキシーガイドライン」の解説 小児科(0037-4121)56巻7号 Page985-994(2015.07) 解説
  • 前田美穂 【トランジション】小児がんの晩期合併症 小児外科(0385-6313)47巻7号 Page757-760(2015.07) 解説/特集
  • 今井丈英 【小児呼吸器疾患をあなどるな!】治療にトライしよう! 重症心身障害児の在宅支援 重心施設以外での全身管理 小児科診療(0386-9806)78巻7号 Page983-990(2015.07) 解説/特集
  • 今井丈英 小児気道異物診療をもう一度考える 小児気道異物診療概論 疫学を含めた気道異物ワーキング・グループの活動状況について 日本小児呼吸器学会雑誌(2187-5731)26巻1号 Page129-132(2015.06) 解説
  • 植田高弘 【日常診療Q&A】ピンポイント小児医療 血液腫瘍 無症状のリンパ節腫大の経過はどう観察したらよいでしょうか? 小児内科(0385-6305)47巻5号 Page716-719(2015.05) Q&A/特集
  • 前田美穂 【日常診療Q&A】ピンポイント小児医療 血液腫瘍 乳児の鉄欠乏性貧血はどのような状態から治療が必要なのでしょうか? 小児内科(0385-6305)47巻5号 Page713-715(2015.05) Q&A/特集
  • 高瀬真人 【日常診療Q&A】ピンポイント小児医療 感染症 上気道感染症時に、鎮咳薬、抗ヒスタミン薬、去痰薬は必要ですか? 小児内科(0385-6305)47巻5号 Page638-640(2015.05) Q&A/特集
  • 楢崎秀彦, 伊藤保彦 【私の処方2015】アレルギー・膠原病の処方 リウマチ熱小児科臨床(0021-518X)68巻4号 Page942-948(2015.04) 解説/特集
  • 前田美穂 【私の処方2015】血液疾患の処方 鉄欠乏性貧血 小児科臨床(0021-518X)68巻4号 Page780-784(2015.04) 解説/特集
  • 高瀬真人 肺音の基礎と臨床応用 基礎 小児呼吸器セミナーテキスト22回 Page1-7(2015.04) 解説
  • 村上睦美 【血尿の診断と臨床判断の標準化】学校検尿の果たしてきた意義と今後 腎・高血圧の最新治療(2187-0004)4巻1号 Page23-27(2015.01) 解説/特集
  • 深澤隆治 【川崎病】巨大冠動脈瘤の遠隔期予後 呼吸と循環(0452-3458)63巻1号 Page33-38(2015.01) 解説/特集

2014年 英語論文

  • Ueda, T., A. Fujita, R. Ogawa, Y. Itoh, Y. Fukunaga, T. Shimada and M. Migita (2014). “Adipose-derived stromal cells grown on a hydroxyapatite scaffold can support hematopoiesis in regenerated bone marrow in vivo.” Cell Biol Int 38(6): 790-798.
  • Shima, Y., M. Migita, H. Asakura, T. Takahashi, K. Yashiro, Y. Matsumura and A. Kurokawa (2014). “Effect on clinical work practice of establishing a neonatal intensive care unit at a medical school-affiliated teaching hospital.” J Nippon Med Sch 81(5): 328-332.
  • Pawankar, R. (2014). “Allergic diseases and asthma: a global public health concern and a call to action.” World Allergy Organ J 7(1): 12.Migita, M., S. Kumasaka, T. Matsumoto, H. Tajima, T. Ueda and A. Yamataka (2014). “Cholelithiasis in a patient with type 2 Gaucher disease.” J Nippon Med Sch 81(1): 40-42.
  • Maeda, T., K. Higashimoto, K. Jozaki, H. Yatsuki, K. Nakabayashi, Y. Makita, H. Tonoki, N. Okamoto, F. Takada, H. Ohashi, M. Migita, R. Kosaki, K. Matsubara, T. Ogata, M. Matsuo, Y. Hamasaki, Y. Ohtsuka, K. Nishioka, K. Joh, T. Mukai, K. Hata and H. Soejima (2014). “Comprehensive and quantitative multilocus methylation analysis reveals the susceptibility of specific imprinted differentially methylated regions to aberrant methylation in Beckwith-Wiedemann syndrome with epimutations.” Genet Med 16(12): 903-912.