日本医科大学小児科学教室(日医大小児科) > 教室について > 研究内容 > 免疫・膠原病班

免疫・膠原病班

中心的研究テーマは臨床免疫学とくに膠原病リウマチ性疾患である。小児の膠原病はその疾病構造においても臨床症状や治療法においても成人と異なっている。小児科学の中でもこの領域は研究が遅れていた分野であった。ようやく1992年に日本小児リウマチ学会が設立され、少しずつ研究が進んできている。われわれは学会設立当初からその中心的メンバーとして積極的にかかわっており、2005年には第15回学術集会を主催し、さらに2014年1月からは伊藤保彦教授が第4代の学会長(運営委員長)に就任している。いわば日本の小児膠原病診療・研究のセンター的役割を負っていると言っても過言ではない。

主な研究テーマ

  1. 小児自己免疫疾患で検出される種々の自己抗体の特異性や自己抗原の分子レベルでの解析。とくに抗Ro/SSA抗体、抗RNP抗体など。
  2. 小児シェーグレン症候群の病態解明と治療法の確立
  3. 近年再興が懸念されているリウマチ熱についての臨床疫学的検討
  4. 小児期膠原病に対し、ステロイド剤による副作用を最低限に抑え、患者QOLを維持するための治療法の開発
  5. 生物学的製剤による小児膠原病諸疾患の治療法の検討
  6. 腸内細菌叢の免疫機能に及ぼす影響
  7. 原発性免疫不全症の遺伝子治療への基礎的研究
  8. 慢性的不定愁訴を持つ小児や不登校児における自己免疫疾患的側面についての検討。
  9. 慢性疲労症候群患者血清中からわれわれが発見した自己抗体(抗Sa抗体)の特異性とその対応抗原の機能分析

代表的研究成果

各研究班の数多くの研究発表の中から、代表的なものを解説付きで掲載しています。

  1. Igarashi T, Igarashi T, Shimizu A, Itoh Y. Intravenous cyclophosphamide pulse therapy in Japanese children with systemic lupus erythematosus. J Nippon Med Sch. 2013;80(5):396-400.
    小児SLE患者に対するシクロホスファミド大量療法の有効性とステロイド減量効果。
  2. Imagawa T, Takei S, Umebayashi H, Yamaguchi K, Itoh Y, Kawai T, Iwata N, Murata T, Okafuji I, Miyoshi M, Onoe Y, Kawano Y, Kinjo N, Mori M, Mozaffarian N, Kupper H, Santra S, Patel G, Kawai S, Yokota S. Efficacy, pharmacokinetics, and safety of adalimumab in pediatric patients with juvenile idiopathic arthritis in Japan.Clin Rheumatol. 2012 ;31(12):1713-21
    関節型若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤アダリムマブの効果と安全性
  3. Igarashi T, Itoh Y, Shimizu A, Igarashi T, Yoshizaki K, Fukunaga Y.A case of juvenile Sjögren’s syndrome with interstitial nephritis. J Nippon Med Sch. 2012;79(4):286-90.
    小児シェーグレン症候群の合併症である間質性腎炎の検討
  4. Yokota S, Imagawa T, Murata T, Tomiita M, Itoh Y, Fujikawa S, Takei S, Mori M. Guidance on the use of adalimumab for juvenile idiopathic arthritis in Japan. Mod Rheumatol. 2012 ;22(4):491-7
    関節型若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤アダリムマブ使用のガイドライン
  5. Itoh Y, Shigemori T, Igarashi T, Fukunaga Y. Fibromyalgia and chronic fatigue syndrome in children. Pediatr Int. 2012 ;54(2):266-71
    小児における慢性疲労症候群と線維筋痛症の免疫学的相違
  6. Hayakawa J, Migita M, Ueda T, Itoh Y, Fukunaga Y. Infantile case of early manifestation of SLE-like symptoms in complete C1q deficiency. J Nippon Med Sch. 2011;78(5):322-8
    免疫不全症の一つ補体欠損症患者の特異な病態についての検討
  7. Yokota S, Imagawa T, Takei S, Murata T, Tomiita M, Itoh Y, Fujikawa S, Mori M. Guidance on using tocilizumab for juvenile idiopathic arthritis. Mod Rheumatol. 2011 ;21(6):563-71
    全身型若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤トシリズマブ使用のガイドライン
  8. Kuwabara N, Itoh Y, Igarshi T, Fukunaga Y. Autoantibodies to lens epithelium-derived growth factor/transcription co-activator P75 (LEDGF/P75) in children with chronic nonspecific complaints and with positive antinuclear antibodies. Autoimmunity. 2009 ;42(6):492-6
    慢性疲労症候群患者から発見した自己抗体の対応自己抗原分析
  9. Mori M, Naruto T, Imagawa T, Murata T, Takei S, Tomiita M, Itoh Y, Fujikawa S, Yokota S. Methotrexate for the treatment of juvenile idiopathic arthritis: process to approval for JIA indication in Japan. Mod Rheumatol. 2009;19(1):1-11
    関節型若年性特発性関節炎に対するメトトレキサート使用のガイドライン
  10. Itoh Y, Hamada H, Igarashi T, Kuwabara N, Imai T, Fujino O, Fukunaga Y. A case with chronic fatigue syndrome with positive antinuclear antibody followed by postpartum thyroiditis. Mod Rheumatol. 2004;14(5):406-9
    橋本病と慢性疲労症候群の関係を示唆する症例報告